サイトマップ
受講生ボイスVOICE
FLOCブロックチェーン大学校  >  受講生ボイス  >  若い人ほどブロックチェーンがチャンスになる

若い人ほどブロックチェーンがチャンスになる


東京都 20代 男性 エンジニア
株式会社シーエーシー

磯崎 将司さん

エンジニアコース  2019年 


現在、金融機関のシステム開発・保守を担当しています。DX(デジタルトランスフォーメーション)化が進んでいる中で、自分自身が常に新しい価値を生み出していきたいと思っていて、FinTechという流れの中でブロックチェーンに興味を持ち出した頃、社内でブロックチェーンの勉強会があることを知り参加しました。
その勉強会で数名、ジョナサン校長からブロックチェーンを学んだエンジニアがいたのですが、日本でジョナサン校長のようなブロックチェーンの先駆者から学べる機会は中々ないこと、FLOCというブロックチェーンの専門スクールがあることを聞き、研修として受講できることになりました。

当初は、急な業務で授業に出席できなくて、その後の授業についていけるのかという心配もありました。
しかし、授業はWEBで配信されていますし、いつでも好きな時に授業の復習、欠席してしまった場合の授業もキャッチアップできる体制、1年間同じ授業を何度でも受講することもできるので、自分のペースに合わせて学習が進められました。
具体的には、受講当初、私はシステムエンジニアとなって1年にも満たなく開発経験も浅く、授業の半分以上が分からない状態でした。分からない点は、自分でプログラムやブロックチェーンの本を読んで知識を埋めて、またWEB受講をする。
その繰り返しで次の期に臨みました。そうすると、だんだん授業の内容が分かるようになり、自分の成長も感じられて嬉しかったです。

理解が深まると、自分自身が主体的に知見を深めようという気持ちになってきます。
当初は金融分野でのプロジェクトでブロックチェーンを活用したいと思っていたのですが、今では金融だけに留めておくべきものではない、金融以外の分野において、自分が学んだ知識を使って新たなシステムサービスを構築したいと思っています。
FLOCでの学びにおいて、エンジニアというのは技術力を持つことも大切ですが、何よりも課題解決力を持つということが一番大切だと気づきました。ブロックチェーンはまだ発展途上の技術です。実用段階までに生じる技術的課題をどう解決してどう社会に実装していくのか。この体験は今しかできません。
そして、この体験は、今後新しい技術が出てきたとしても、その技術の本質や応用に向き合っていくことができる力になっていくと思っています。

今回、自分の思いが通じて、ブロックチェーンのプロジェクトを扱う専門部署に異動になることができました。金融以外でも、教育業界、流通業界のトレーサビリティなど扱う範囲が広くなるのはとても嬉しいです。
ブロックチェーン業界は若い業界です。過去の経験もなく、トライ&エラーを繰り返しながら成長しています。つまり、若い人ほどチャンスがある業界とも言えると思います。
もし、ブロックチェーン業界に飛び込もうか迷ってる人がいたら、こう言ってあげたいです。
「今しかないでしょう、この大きな波にのるには」と。

エンジニアコースの詳細を見る  


一覧へ戻る

受講生カテゴリー

エンジニアコースビジネスコースベーシックコース女性男性

ブロックチェーン業界の
最新情報や転職に役⽴つ「キャリアメール」

毎⽉⼀回無料配信しています

個人情報の取り扱いについて

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION