学校での学びから、今度は自分が正しいブロックチェーン知識の普及に貢献していきたい

東京都 30代 男性 エンジニア
株式会社カイカ(勤務先)

景猛さん


勤めている会社は経営方針として、仮想通貨およびブロックチェーン技術に対しての取り組みを大分前から行っておりました。さらに、ブロックチェーン技術は近年、世の中の注目を集めており、これは今後私たちの生活を大きく変える技術と感じ、興味を持つようになりました。

仮想通貨およびブロックチェーンの魅力は何なのか、良いイメージを持っている人も悪いイメージを持っている人もいますが、実際に自分で勉強しないと分からないと思い、勉強し始めたんです。

ただ、勉強をしていく中で、暗号学とか楕円曲線とか、そういった専門用語が難しく、また、調べようと思っても、専門用語以外の部分でも難解な表現が多く、理解する上で苦戦しておりました。

幸いなことに、自社が仮想通貨およびブロックチェーンに関する技術者育成に技術の黎明期からかなり前向きに取り組んでおり、BCCC発起メンバーということもあって、ブロックチェーン大学校へ戦略的に社員を入校させ、卒業生をすでに20名以上輩出しておりました。そういった状況もあり、わたしもブロックチェーン大学校で受講したいと思い、上司にお願いして、入校させてもらいました。

ブロックチェーン大学校に通って良かったと思うことは、実際にプログラムを動かしたり、本物のデータや取引の検証ができることです。本物のビットコインにおける取引データを使いながらの授業なので、とてもリアルな実感がありますし、講義は聞いていて、とても面白いです。

また、技術の過渡期ということもあり、インターネット上にある情報に関しては精査が必要だと感じている中、最新技術の経験者が正しい情報に基づいた授業を行ってくれるので、大変助かりました。また、先生がいて、仲間がいて、励まし合いながら学べますし、分からないことがあった時、的確な回答を頂ける環境も幸いでした。

今までの自分のスキルは最先端といえる技術がなく、日頃からもっと新しい技術に関するスキルを磨きたいと考えておりました。そのような状況の中、仮想通貨、ブロックチェーンは今までの技術を一変させるといっても言い過ぎではなく、この技術を習得することにより、新しい可能性を自分にもたらすと感じてます。

この可能性を活かすためには、技術を利用した新しい仕組みの実現へ果敢に取り組みことだと考えます。幸いにも、今自分が勤めている会社は、グループ内にある仮想通貨関連事業のシステム開発に関わっており、また様々な企業との実証実験および開発を推進し、国内有数のICO統合プラットフォームの開発パートナーであったり、技術に関する数多くの先進的な取り込みを推し進めている会社です。また、仮想通貨技術を専門に扱う子会社のCCCTを設立しており、まさに技術を利用した新しい仕組みや可能性を具現化するためのフィールドが用意されてます。

私は、今回学んだ内容をベースに、日々ブラッシュアップをかけ、自社で用意されている、このフィールドで活躍を重ねていき、自分自身の未来への可能性をさらに広げていきたいと考えております。

将来的にチャレンジしたいことの1つに「中国に対して、仮想通貨における正しい知識の普及」があります。例えば、ICOに関しては中国では詐欺が非常に多く、プロジェクトの9割以上という統計もあります。こういったネガティブなイメージがビットコインを含めた仮想通貨やブロックチェーン技術にも広がっています。今回学んだ、仮想通貨およびブロックチェーン技術の正しい姿を中国に広めることへの貢献も推進していきたいと考えております。

エンジニアコース基礎コース女性男性

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。