FLOCブロックチェーン大学校

無料体験コース

ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS

2018.12.27

 
 
『誰もが簡単にブロックチェーンの恩恵を!AmazonがBaaSの新サービスを発表』
 
AmazonがBaaS(Blockchain as a Service、サービスとしてのブロックチェーン)事業をさらに強力に推進しています。

先月、Amazonは「AWS Amazon Managed Blockchain」と呼ばれるサービスを開始することを発表しました。このサービスはAmazon Web Services(AWS)の一つとして提供され、独自にブロックチェーンを構築するコストをかけずに、ブロックチェーンネットワークを開発できるものです。

世界的に人気の高いEthereumとHyperledger Fabricの二つに対応しており、ユーザーはいずれかを選択してブロックチェーン基盤として採用することができます。Amazonの公式ウェブサイトでは、「ネットワークを構築するために必要なオーバーヘッドを排除し、数百万のトランザクションを実行する数千のアプリケーションの要求を満たすよう、自動的に拡張します」と機能が説明されています。つまり、AWSの他のサービスと同様に、ネットワークの処理量によって自動的に拡張するよう設計されています。

加えて、Amazonは「Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)」と呼ばれる製品も発表しています。これは、データの追記のみが可能で削除や変更が不可能な性質を持っており、SQLに似たAPIを提供しているデータベースサービスです。こちらも、他のAWS製品同様に、データ量に応じて自動的にスケールし、利用量に応じて料金が決定されます。

同社によると、Amazon Managed Blockchainは、QLDBと連携させデータを保存することが可能なようです。これにより、ネットワーク外のデータを簡単に分析し、トレンドを把握することができます。QLDBはブロックチェーンプラットフォームではないものの、イミュータブル(不変)なデータベースであるが故に、Amazon Managed Blockchainの強みを生かしつつデータを手軽に使うことができるようになっています。

大手各社のBaaSのリリースが相次ぐ中、Amazonも本格的に事業参入・拡大を行なっています。これまでにも、「AWS Blockchain Templates」と呼ばれるサービスを展開していました。これは、さまざまなブロックチェーンフレームワークを利用して、AWS 上でブロックチェーンネットワークを早く簡単に作成して実装することができるもので、EthereumとHyperledger Fabricに対応していました。新しいサービスはこの発展形ということができます。

AmazonはAWSをはじめとする多くのサービスでユーザーを囲い込んでいるため、このコミュニティを最大限生かしつつ、BaaS事業でも覇権を握ろうとしています。他のサービス群と連携させることで、他社にはできないサービスを展開していくと期待されています。

誰もがより簡単にブロックチェーンの恩恵を享受できる、そんな世界に向けて少しずつ進んでいるのではないでしょうか。

参考資料:Amazon Has Launched a New Service for Building Blockchains
https://www.coindesk.com/amazon-announces-blockchain-builder-service
 
 
■ 芸術作品を1ミリサトシ(0.000000037ドル)で販売 ビットコインのライトニングネットワーク普及目指して
https://jp.cointelegraph.com/news/tiny-artwork-sold-in-micro-crypto-auction-for-lowest-bid-of-1-millisatoshi

■ ブロックチェーンとAI関連の職種が急成長--LinkedIn調べ
https://japan.zdnet.com/article/35130619/

■ 仮想通貨が投げ銭に!ファンがアーティストを育てるクラウドファンディング「DREAM CREW」
https://dime.jp/genre/638501/

■ 仮想通貨マイニング大手ビットメイン 「人員削減を認める」=報道
https://jp.cointelegraph.com/news/bitmain-confirms-that-they-are-laying-off-more-than-50-of-staff-reports

■ 銀行の現金処理にブロックチェーン活用 バンク・オブ・アメリカが特許申請
https://jp.cointelegraph.com/news/bank-of-america-reveals-fresh-blockchain-patent-targeting-cash-handling
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
基礎コース 《 第3期 》1/10(木) 18:30-22:00
Vol5 P2Pの構造と技術
- Block1 P2Pネットワークの特徴
- Block2 ブロックチェーンをCAP定理から考察する
- Block3 スケーラビリティ問題の解決
- Block4 分散型ストレージの基礎
Vol6 ブロックチェーン上の合意形成
- Block1 ブロックチェーンにおけるファイナリティ
- Block2 ビザンチン将軍問題への解
- Block3 Proof of Work
- Block4 様々なコンセンサス・アルゴリズム
 
エンジニアコース
(ブロックチェーン実践科)
《 第3期 》2019/3/1(金)開始
 
エンジニアコース
(スマートコントラクト開発科)
《 第1期 》2019/1/19(土)開始
 
ビジネスコース 《 第2期 》2019/1/28(月)開始


各コースの詳細はこちら
 
FLOCブロックチェーン検定を開始しました
FLOCブロックチェーン検定は、ブロックチェーンに対する理解レベルを3分で測ることができる無料のオンライン診断ツールです。

ブロックチェーンに関する一般知識を問う「基礎検定」と、技術者向けの専門知識を問う「エンジニア検定」の2種類があります。

全受験者内でのランキングも確認することができ、自身のレベルを相対的に判断することも可能です。
ぜひ一度チャレンジしてみてください。
無料でブロックチェーン検定にトライ
 
無料体験コースは常時開催しています
■ 開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル
1月9日(水) 18:15-19:55
1月15日(火) 20:30-22:10

【有楽町校】東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1F
1月5日(土) 12:15-13:55
1月13日(日) 16:45-18:25

【新宿校】東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
1月7日(月) 18:15-19:55
1月19日(土) 14:30-16:10
※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験コースもあります

無料体験コースの申込みはこちら







FLOCブロックチェーン大学校公式SNS
ブロックチェーンに関する最新動向やスクールの最新情報をお送りします

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
E-mail:support@floc.jp
URL:https://floc.jp

ニュースレターの配信停止をご希望の方はこちら