FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験コース

ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS

2018.12.20

 
 
『芸術家の収益モデルに革命を起こす、「アートの民主化」とは』
 
ブロックチェーンがアート業界を大きく変えるかもしれません。

今年の夏、テクノロジーの力でアート業界の変革を目指す「スタートバーン株式会社」が約1億円の資金調達を実施しました。 同社は、現代美術家の施井泰平(しいたいへい)氏が、東京大学大学院在学中の2014年に立ち上げたスタートアップ。 改ざんされず、取引記録がすべて追跡できるブロックチェーンの特性を活かして、アート業界に生きる芸術家や学芸員たちをサポートする仕組みを提供しています。

実はここ数年、とくに海外のアート業界でブロックチェーンを活用する動きがじわじわと拡大しています。 なかでも注目が集まっているのが、アートの真贋を証明する「デジタル証明書」の分野。 データの改ざんも複製もできないブロックチェーンにアート作品の情報を記録することで、「デジタル証明書」を簡単に共有・閲覧できるようになります。 つまり、本物と偽物の区別が簡単になるのです。

さらに、ブロックチェーン上では作品がほかの人へ渡るたびに、譲渡記録が残ります。 ブロックチェーンが存在する限り、作品の来歴を所有者が確認できるため、100年経ってから「作品の身元が分からない!」といった事態を防ぐことができるのです。

さて、ブロックチェーンがアート業界にもたらす恩恵は、作品の真贋鑑定や来歴の透明性だけではありません。 作品の流通をうながし、芸術家の収益モデルを大きく変える可能性も秘めています。

アート作品=価格が高いというイメージがあるかもしれませんが、これはアート作品の収益モデルが大きく影響しています。 通常、作品を販売する芸術家やギャラリーは、最初の販売時にしかお金を受け取れません。 将来的にその作品がより高い価値で転売されたとしても1円も手に入らないのです。

ところが、ブロックチェーン上でアート作品の来歴を管理すると、転売されるごとに芸術家やギャラリーに対して、収益の一部を還元するという設定を組み込むことができます。 そして、この仕組みを提供するプラットフォームを構築しているのが、冒頭で紹介した「スタートバーン株式会社」なのです。

このような「還元金分配モデル」が普及していくと、作品の初販価格を低めに設定しやすくなり、芸術家の作品が市場に流通しやすくなるかもしれません。 つまり、ブロックチェーンをアート業界に導入するということは、芸術家の収益モデルを変えるだけではなく、より多くの人の手にアート作品を届けられる「アートの民主化」を実現する可能性を秘めているのです。

将来的には多くのアート作品がブロックチェーン上で管理され、アート作品を買うときにはブロックチェーンを参照するという時代が来るかもしれませんね。

参考資料:
「アートとブロックチェーンは相性がいい」美術家が創業したスタートバーン、UTECから1億円を調達(TechCrunch)
https://jp.techcrunch.com/2018/07/05/startbahn-fundraising/?guccounter=1
アーティストの働き方も、ブロックチェーンで変わる。その未来を作るスタートアップ(milieu)
http://milieu.ink/interview/startbahn
富士山展2.0 -ザ・ジャイアントリープ- 公式Webサイト(2019年1月5日〜26日開催)
https://fujisanten.com/
※11月7日発売の美術誌「美術手帖」では「アート×ブロックチェーン」の特集が組まれており、スタートバーン株式会社も紹介されています。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/18788
 
 
■ コインチェック、みなし業者から登録業者へ…取引所の再開も
https://fnnews.jp/archives/3069

■ LayerXとブロックチェーンプラットフォーム「ICON」が公式パートナーシップを締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000036528.html

■ 【LINE】独自ブロックチェーンを活用した『Q&Aプラットフォーム「Wizball」』がスマホで利用可能に。総質問数が3万件を突破。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001406.000001594.html

■ ブロックチェーン開発者が急増している職種の第1位、仮想通貨などのスキルに需要=リンクトインが報告書
https://jp.cointelegraph.com/news/linkedin-report-blockchain-developer-leads-list-of-most-rapidly-growing-jobs

■ ゲーム大手Atari、ブロックチェーンアプリを開発へ
https://crypto-lab.info/?p=4342
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
基礎コース 《 第3期 》1/10(木) 18:30-22:00
Vol5 P2Pの構造と技術
- Block1 P2Pネットワークの特徴
- Block2 ブロックチェーンをCAP定理から考察する
- Block3 スケーラビリティ問題の解決
- Block4 分散型ストレージの基礎
Vol6 ブロックチェーン上の合意形成
- Block1 ブロックチェーンにおけるファイナリティ
- Block2 ビザンチン将軍問題への解
- Block3 Proof of Work
- Block4 様々なコンセンサス・アルゴリズム
 
エンジニアコース
(ブロックチェーン実践科)
《 第3期 》2019/3/1(金)開始
 
エンジニアコース
(スマートコントラクト開発科)
《 第1期 》2019/1/19(土)開始
 
ビジネスコース 《 第2期 》2019/1/28(月)開始


各コースの詳細はこちら
 
FLOCブロックチェーン検定を開始しました
FLOCブロックチェーン検定は、ブロックチェーンに対する理解レベルを3分で測ることができる無料のオンライン診断ツールです。

ブロックチェーンに関する一般知識を問う「基礎検定」と、技術者向けの専門知識を問う「エンジニア検定」の2種類があります。

全受験者内でのランキングも確認することができ、自身のレベルを相対的に判断することも可能です。
ぜひ一度チャレンジしてみてください。
無料でブロックチェーン検定にトライ
 
無料体験コースは常時開催しています
■ 開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル
1月9日(水) 18:15-19:55
1月15日(火) 20:30-22:10

【有楽町校】東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1F
12月21日(金) 18:15-19:55
1月5日(土) 12:15-13:55

【新宿校】東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
12月26日(水) 18:15-19:55
1月7日(月) 18:15-19:55
※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験コースもあります

無料体験コースの申込みはこちら







FLOCブロックチェーン大学校公式SNS
ブロックチェーンに関する最新動向やスクールの最新情報をお送りします

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
E-mail:support@floc.jp
URL:https://floc.jp

ニュースレターの配信停止をご希望の方はこちら