2018.10.18

 
 
『「Saas」から「BaaS」の時代へ!広がるブロックチェーンの可能性』
 
2018年10月4日、米大手仮想通貨メディアクリプトカレンシーニュース(CCN)は、米大手銀行であるバンク・オブ・アメリカが、将来的なブロックチェーン市場は70億ドル(約7,960億円)とする予測を発表したことを明らかにしました。

バンク・オブ・アメリカの市場アナリストKash Rangan氏によると、経営資源にブロックチェーンが組み込まれることで、Amazonやウォルマートなどの小売業、オラクルやIBM、マイクロソフトなどのIT企業を中心に、様々な産業で収益向上を達成できると述べています。

ブロックチェーンといえば、今までは金融分野でのイノベーションを期待する声が多数派を占めていました。ブロックチェーン上で発行されたトークンを使えば、銀行などの仲介者を挟まずに、24時間いつでも、遠く離れた人に低コストで資金を移動することが可能です。ブロックチェーンとトークンの仕組みは、従来の金融産業に大きなインパクトをもたらすと予測されています。

しかし、ブロックチェーンの影響は金融分野にとどまりません。先に挙げた小売業やIT企業など様々な分野にすそ野を広げていくでしょう。たとえば、小売業では納入業者から仕入れる商品のデータをブロックチェーン上にアップロードすることで、原産地証明や生産者の情報が消費者にもクリアになり、画期的なリテールオペレーションに繋がります。

また、IT分野にとってもブロックチェーンは新しい波紋を広げるかもしれません。

近年のソフトウェア業界は、ハードウェアに製品を直接ダウンロードして利用する方法から、オンライン上で権利だけを購入するクラウドが主流です。今までパッケージ製品として提供されてきた機能が、クラウドサービス上で利用できることを「SaaS(Software as a Service)」と言います。

SaaSを使うことで、たとえばGmailのように、アカウント情報さえ作成すれば他のどの端末からでもアクセスして機能を利用できるようになります。これだけでも十分に便利なように思えますが、ブロックチェーンの技術はさらにソフトウェアのシステムを発達させようとしているのです。

マイクロソフトが提供しているAzureというプラットフォームは、ブロックチェーン上でアプリやスマートコントラクトを実行できます。これを「BaaS(Blockchain as a Service)」と呼びます。

BaaSは、オンライン環境さえあればどこでも使えるSaaSのメリットを活かしつつ、ブロックチェーン特有のセキュリティ耐性を兼ね備えているため、時代のIT市場を席巻する可能性が秘められていると言えるでしょう。

このように、ブロックチェーンは産業の枠をこえて台頭し、バンク・オブ・アメリカが予測した以上の市場規模に成長する可能性もあります。現在はまだ手探りの状態なので、市場成長の正確な予測は成り立ちませんが、近い将来、私たちは当たり前のように「ブロックチェーンによるサービス(BaaS)」を利用しているのかもしれません。

参考資料:
Bank of America Thinks Blockchain Could be a $7 Billion Market
(CCN、10月4日付け)
 
 
■ コインチェック買収の狙いは人材——マネックス松本社長が語るネット証券20年のその先
https://www.businessinsider.jp/post-177033

■ 世界銀行 分散型台帳技術に「非常に大きな可能性」 仮想通貨には距離感
https://jp.cointelegraph.com/news/world-bank-president-distributed-ledger-technology-has-huge-potential

■ ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システムを開発
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201810/18-1015/index.html

■ NTTデータユニバーシティとブロックチェーン人材育成研修を共同開発
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2018/2018101501.html

■ 個人情報の登録を必要としないブロックチェーン認証システム「BC Auth」を開発
http://pressrelease-zero.jp/archives/135100
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
基礎コース 《 第3期 》
12/13(木)から開始
 
エンジニアコース 《第2期》
11/10(土)から開始
 
ビジネスコース 《第1期》
第6回:決済・送金手段としての応用
10/19(金) 20:30-22:00


各コースの詳細はこちら
 
特別セミナー
■ タイトル
ブロックチェーンの最先端企業IBMの最新事例を
第一人者から学ぶセミナー

■ 日程
11月8日(木) 20:30 - 21:45

■ スケジュール
20:15 受付開始
20:30 IBMブロックチェーンの国内外事例
    HyperLedgerプロジェクトのご紹介
21:30 質疑応答
21:40 FLOC Communityのご紹介
21:45 セミナー終了/懇親会開始
   (FLOC Community会員のみ・当日登録も可)
22:30 終了
※当日FLOC Communityに登録された方は、セミナー料金とは別に料金1,000円(当日現金回収)にて懇親会への参加が可能です。FLOC Communityでは、ブロックチェーン関連企業のセミナーや受講生の懇親会等を開催しております。登録方法については当日ご案内します。登録料及び利用料は無料です。

■ 場所
新宿本校
東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F

■ 講演者
貝塚 元彦(かいづか もとひこ)
現職 日本アイ・ビー・エム株式会社
ブロックチェーン・ソリューションズ部長
1961年、愛媛県松山に生まれる。1986年、慶應義塾大学理工学部卒業。同年、第一生命保険相互会社入社。2000年 プライスウォーターハウスコンサルティング(PwCC)、2003年 IBMへ入社。銀行・証券・リスク管理のコンサルティングをリード。2016年より現職。

■ 受講料
5,000円(税抜)
セミナーの申込みはこちら
 
FLOCブロックチェーン検定を開始しました
FLOCブロックチェーン検定は、ブロックチェーンに対する理解レベルを3分で測ることができる無料のオンライン診断ツールです。

ブロックチェーンに関する一般知識を問う「基礎検定」と、技術者向けの専門知識を問う「エンジニア検定」の2種類があります。

全受験者内でのランキングも確認することができ、自身のレベルを相対的に判断することも可能です。
ぜひ一度チャレンジしてみてください。
無料でブロックチェーン検定にトライ
 
無料体験コースは常時開催しています
■ 開催日程
10月20日(土) 10:00-11:40
10月24日(水) 18:15-19:55
10月26日(金) 18:15-19:55
10月27日(土) 10:00-11:40
10月29日(月) 20:30-22:10
※ その他の開催日程についてはWEBサイトで確認してください
※ 遠方の方や教室開催のご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験コースもあります


■ 開催場所
新宿本校
東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
無料体験コースの申込みはこちら







FLOCブロックチェーン大学校公式SNS
ブロックチェーンやスクールの最新情報をお届けします

東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
E-mail:support@floc.jp
URL:https://floc.jp

ニュースレターの配信停止をご希望の方はこちら

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。