サイトマップ
ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS
FLOCブロックチェーン大学校  >  ニュースレターバックナンバー  >  ブロックチェーンにおけるリーガルテック系サービスの事例とは?

2019.12.19

 
 
『ブロックチェーンにおけるリーガルテック系サービスの事例とは?』
 
「リーガルテック(LegalTech)」

この言葉を耳にしたことはありますか? 近年、日本でも広がりつつある概念で、伝統的なリーガル市場をテクノロジーの力によって効率化するムーブメントを指した言葉です。

リーガルテック系サービスは、これまで手間だった法務系の作業負担を軽減してくれます。国内で利用できる事例としては「クラウドサイン」や「DocuSign」といったペーパーレスな契約締結サービス、あるいは「AI-CON」のような人工知能(AI)による契約書レビューサービスなどがあり、既に利用している方もいるかもしれません。

ブロックチェーン業界でもリーガルテック系サービスが開発されています。改ざんが困難で、条件に応じて自動執行される「スマートコントラクト」によって、法令に則った契約執行の自動化が期待されているのです。

代表的なプレイヤーとしては「OpenLaw」や「Clause」、「Accord」などが挙げられます。特にOpenLawは、既に複数の事業者とプロジェクトを推進しており、この領域の中心プレイヤーだと言えるでしょう。また、同社は同名のサービス「OpenLaw」をリリースしており、このサービスを使うと状況に応じて柔軟に内容を変更できる(=動的な)契約書を少ない工数で作成可能です。

OpenLawで作成した「契約書」や書類データに付与された「電子署名」は、イーサリアムブロックチェーンに記録されます。したがって、ある時点に契約書が存在したこと、そして契約の内容は改ざんできません。ブロックチェーンを使うことによって、より安全な形で契約の情報漏えいや改ざんリスクを回避することができるのです。

そもそもブロックチェーンはプログラミング可能なお金や価値を扱う技術であり、支払い条件などをプログラムに落とし込めば、自動で支払いを執行してくれます。OpenLawのようなリーガルサービスとスマートコントラクトを組合せることで、例えば給与を分単位で即時に支払うことも可能になるのです。支払いと法令遵守が自動化されているため、手作業で支払い処理を行うスタッフは必要ありません。

さらに、この給与のうち10%を貯金へ、もう10%を投資へと自動的に充てる契約も即時に可能になります。給与支払い→資産形成の流れを、時間的ロスなく、シームレスにつくれるのです。

もちろん、この新しい支払いスタイルは、ブロックチェーン上で流通する仮想通貨やステーブルコインでの支払いを前提としているため、銀行口座を持ち、法定通貨で日々生活している私たちにとっては縁遠い話かもしれません。ただ、法定通貨と連動するステーブルコイン(安定通貨)の事例が既にいくつも登場しており、近い将来、日本円に連動するステーブルコインの事例も出てくるでしょう。

ブロックチェーンによって法務を安全に効率化しつつ、より柔軟で生活に密着した新サービスが使える未来はそう遠くないかもしれません。


参考資料:
法律×ブロックチェーン ~OpenLaw on kaleido~(GBEC Tech Blog)
The Future of Savings: Real-time Payment and Automatic Savings using Compound’s cDai and OpenLaw(OpenLaw)
日本のリーガルテックカオスマップ(サインのリ・デザイン)
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
ベーシックコース
《 第7期 》隔週金曜日 18:30〜21:45
2020/1/10(金):Vol.1,2 ブロックチェーンの世界 他〜
2020/1/24(金):Vol.3,4 ブロックの構造を知る 他〜

その他の日程はこちら
 
エンジニアコース|ブロックチェーン実践
《 第5期 》毎週水曜日 19:00〜20:30
2020/2/5(水):Vol.1 ブロックチェーンの基礎構造理解と開発環境準備
2020/2/12(水):Vol.2 ハッシュ関数を使った秘密鍵と公開鍵作成
2020/2/19(水):Vol.3 ウォレットの作成

その他の日程はこちら
 
エンジニアコース|スマートコントラクト開発
《 第3期 》毎週月曜日 20:30〜22:00
2019/12/23(月) :Vol.8 ブロックチェーン投票システムを作成する
2020/1/20(月) :Vol.9 ブロックチェーン関連技術や秘密鍵の使われ方
2020/1/27(月) :Vol.10 DApps開発の基礎や便利な開発ツール

その他の日程はこちら
※12/30、1/6、1/13 は休校となります。
 
ビジネスコース
《 第4期 》毎週火曜日 20:30〜22:00
2019/12/24(火):ブロックチェーンビジネス事業計画の作り方
 
各コースの詳細はこちら
 
 
まずは無料体験セミナーの受講がオススメです
東京・大阪・オンラインで常時開催中です。

■ 直近の開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
12月26日(木) 19:00-20:40
1月6日(月) 19:00-20:40

【丸の内本校2号館】東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F
12月22日(日) 10:30-12:10
1月12日(日) 13:00-14:40

【大阪校】大阪府大阪市北区曽根崎2-12-4コフレ梅田8F
12月22日(日) 10:30-12:10
1月11日(土) 18:30-20:10

※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験セミナーもあります

無料体験セミナーはこちら
エンジニア向けの無料体験セミナーも開催しています。
 
Libra特別セミナー Facebook新仮想通貨の衝撃 27億人のユーザーが生み出す、独自経済圏の波に乗る!
■ 収録時間:108分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料あり/受講期限:申込みから6ヶ月間)
ブロックチェーン国家・エストニアに学ぶ、デジタル官民連携の実用事例
■ 収録時間:75分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料なし/受講期限:申込みから6ヶ月間)
 
 
 
直近のブロックチェーン関連NEWSをお届けします。
 
■ 博報堂DYメディアパートナーズ、ブロックチェーンを活用したテレビ番組ファン育成プラットフォームを提供

■ ブロックチェーン×貿易金融 米R3、Corda上で大規模なトライアルに成功

■ IoT導入企業の75%はブロックチェーン技術を導入あるいは導入予定:ガートナー調査

■ TikTok運営企業がブロックチェーンに進出、中国メディア企業と合弁会社設立=ブルームバーグ

■ 電力メーターデータ向けブロックチェーン、ロシアでテスト中






メディア掲載MEDIA