2018.10.04

 

『民衆を導く自由の女神』1830年、ウジェーヌ・ドラクロワ作

 
「全ての人に「信用」を!メルカリも挑む「信用」の民主化」
 
日本でもしばしば「信用経済(個人の信用がそのまま、通貨として使える経済)」という言葉を耳にするようになりました。

2017年12月4日に株式会社メルカリの子会社である株式会社メルペイ(merpay)が設立されました。そのミッションは、「信用を創造して、なめらかな社会を創る」です。そのメルペイが目指すのは、中国の芝麻信用(セサミ・クレジット/アリババグループ)が提供しているサービスだと言われています。

芝麻信用は、
・クレジットカードの利用や延滞状況
・シェアリングエコノミーサービスの利用状況
・公共料金の支払い状況
・SNS内の友達の数と質
・SNSを含むネット内での発言
・犯罪や裁判などの記録

などの膨大な個人情報をAIによって分析することで、個人の「信用」をスコアリング(数値化)し、そのスコアリングに応じたサービスを利用者は受けられます。

そのメリットは金融関連だけでなく、シェアリングエコノミー、ホテル、マッチングアプリ等のサービスを利用する時など、生活の幅広い場面で享受することができるのです。

例えば金融関連のメリットでは、
・自動車ローンの融資条件が良くなる
・クレジットカードサービスの限度額が上がる
・提携している消費者金融サービスで無利息の期間が長くなる
・キャッシングの限度額が上がり利率も下がる

今まである特定の権威(政府や企業)が独自に設定していた個人の「信用」を、スコアリングすることで、誰から見てもわかるような「信用」をより多くの人々が持つ事ができる「信用の民主化」が可能になります。

ブロックチェーンの分野でも、金融サービスに信用履歴がないため、金融サービスにアクセスできない人々のためのプロジェクトが始動しました。

国連の2つの専門機関が、アフリカ西岸のシエラレオネで、ブロックチェーン基盤のIDシステムを構築するというプロジェクトです。

非営利組織Kivaは、第73回国連総会で、国連資本開発基金(UNCDF)と国連開発計画 (UNDP)、Kivaとの連携により、個人信用情報機関を近代化するプロジェクトを立ち上げると発表しました。Kivaが開発したKivaプロトコルを利用し、ブロックチェーン技術でデジタルIDシステムを構築するというものです。

Kivaによると、
「世界には銀行などの金融サービスにアクセスできない成人は17億人いる。主要な原因の一つは、信用履歴がなく、公的なIDがないためだ。地元の小規模店舗での買い物など、信用情報として記録されない非公式経済の取引情報をKivaプロトコルで収集・記録し、金融サービスへのアクセス向上を目指す。」

ブロックチェーンが、世界総人口の23%にあたる17億の人々に、新たに「信用」を与えることで、「信用」が積み上がり、「信用」全体の総量が増加すれば、世界経済の活性化に繋がる大きな期待が持てます。

参考資料:
Kiva, Sierra Leone And United Nations Agencies Partner To Implement "Credit Bureau Of The Future"
https://www.prnewswire.com/news-releases/kiva-sierra-leone-and-united-nations-agencies-partner-to-implement-credit-bureau-of-the-future-300720556.html
 
 
■ ブロックチェーン推進派の平井卓也氏がIT担当大臣に就任!仮想通貨業界に追い風となるか?
https://crypto-times.jp/blockchain-hiraitakuya-cabinet/

■ LINE「ブロックチェーン」活用の新事業 5サイト立ち上げ、参加者に独自通貨付与
https://ecnavi.jp/mainichi_news/article/4ddd42d2f0b0a7028a81f18de4aa41d8/

■ 次世代フィンテック企業が狙う「不動産と保険」の巨大市場
https://forbesjapan.com/articles/detail/23267

■ ウガンダの王子と仮想通貨スタートアップが起こすアフリカの金融革命
https://jp.techcrunch.com/2018/10/03/2018-10-01-how-a-ugandan-prince-and-an-crypto-startup-are-planning-an-african-revolution/

■ ブロックチェーンによるID情報自己管理を試行=ジェムアルト〔BW〕
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100300587&g=bnw
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
基礎コース 《 第3期 》
12/13(木)から開始
 
エンジニアコース 《第1期》
第12回:スマートコントラクトプラットフォームの実践
10/10(水) 20:30-22:00
 
ビジネスコース 《第1期》
第4回:Rippleの仕組みとビジネス活用
10/5(金) 20:30-22:00


各コースの詳細はこちら
 
FLOCブロックチェーン検定を開始しました
FLOCブロックチェーン検定は、ブロックチェーンに対する理解レベルを3分で測ることができる無料のオンライン診断ツールです。

ブロックチェーンに関する一般知識を問う「基礎検定」と、技術者向けの専門知識を問う「エンジニア検定」の2種類があります。

全受験者内でのランキングも確認することができ、自身のレベルを相対的に判断することも可能です。
ぜひ一度チャレンジしてみてください。
無料ブロックチェーン検定にトライ
 
無料体験コースは常時開催しています
■ 開催日程
10月05日(金) 18:15-19:55
10月09日(火) 18:15-19:55
10月11日(木) 10:00-11:40
10月13日(土) 10:00-11:40
10月20日(土) 10:00-11:40
※ その他の開催日程についてはWEBサイトで確認してください
※ 遠方の方や教室開催のご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験コースもあります


■ 開催場所
新宿本校
東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
無料体験コースの申込みはこちら







FLOCブロックチェーン大学校公式SNS
ブロックチェーンやスクールの最新情報をお届けします

東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
E-mail:support@floc.jp
URL:https://floc.jp

ニュースレターの配信停止をご希望の方はこちら

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。