サイトマップ
ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS
FLOCブロックチェーン大学校  >  ニュースレターバックナンバー  >  Libraの派生プロジェクト「OpenLibra」に見る、通貨を自由にフォークできる重要性

2019.12.12

 
 
『Libraの派生プロジェクト「OpenLibra」に見る、通貨を自由にフォークできる重要性』
 
通貨や価値が乗ったソフトウェアを自由に複製できることは、思っているよりも価値のあることかもしれません。今回はFacebookが音頭を取り、発行が計画されているデジタル通貨「Libra」(リブラ)と、Libraから派生した「OpenLibra」(オープンリブラ)の事例を基に考えてみましょう。

Libraは資本力のある企業・団体を中心に作られた非営利組織「Libra協会」が運営している、価格が安定するように設計されたステーブルコイン(安定通貨)です。現状のLibraは規制当局との調整フェーズであるため発行時期が見通せない状態ですが、これから誕生するかもしれない巨大な経済圏には注目が集まっています。

このLibraの開発はオープンソースで行われています。オープンソースとは、公開されたソースコード(プログラム)の改変・再配布が許可されたライセンスのことです。そしてLibraのような、通貨(価値)の機能を備えたソフトウェアがオープンソースで開発されていることに、ブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)の面白さがあります。

オープンソースで開発されるブロックチェーン・DLTは、フォーク(fork)が可能です。ここでのフォークとは、あるソフトウェアのソースコードから分岐して、別の独立したソフトウェアを開発することを指します(ブロックチェーンやDLTもソフトウェアです)。通貨が流通するブロックチェーン・DLTをフォークすることで新しい通貨をつくれるのです。

すでにLibraをフォークしたプロジェクト「OpenLibra」が立ち上がっています。OpenLibraの目的を簡単に説明すると、Facebookなどの大企業を中心とした決済ネットワークではなく、よりオープンで分散した、誰もが公平に参加できるネットワークを作ろう!というものです。プロジェクトメンバーは、計30のブロックチェーン企業や非営利組織で構成されています。

OpenLibra上でもデジタル通貨が流通しますが、その価値はLibraに紐付く予定です。さらに、Libra上で開発されたすべての機能がOpenLibraでも利用できます。機能的にはほぼ同じであるため、大企業が中心となって運営されるネットワークの方が良ければLibraを、オープンで分散したネットワークの方が良ければOpenLibraを使えば良いのです。これはオープンソースで開発されているデジタル通貨ならではの特徴だと言えるでしょう。

類似の事例としては、2017年8月にビットコインからフォークして、ビットコインキャッシュが誕生したケースが挙げられます。このフォークは、ビットコインの開発者コミュニティ内で開発の方向性が一致しなかったため発生しました。まさに通貨の方針の相違からフォークして別の通貨を作ったと言えるのです。

当然ながら、フォーク後の通貨が広く使われるかどうかは誰にも分かりません。しかし、通貨や価値のシステムを自由にフォークできることは、選択肢の多様さや通貨間の競争を生み、私たちにより良い選択肢を提示してくれる可能性があります。通貨が選べることやその選択肢を作り出せることの価値は、思っているよりも大きいのです。

いざ選択肢が目の前に現れたとき、どの選択肢を選べば良いかを見分けるには知識が必要不可欠です。自信を持った選択ができるよう、まずはLibraの仕組みを学んでみませんか?

Libra特別セミナー Facebook新仮想通貨の衝撃 27億人のユーザーが生み出す、独自経済圏の波に乗る!
■ 収録時間:108分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料あり/受講期限:申込みから6ヶ月間)
WEBセミナーはこちら

参考資料:
OpenLibra
オープンソース版リブラとは?その狙いについて解説(Nodee by Coinpost)
「ビットコインのバブルを馬鹿にするのは愚か」慶大・坂井教授が語る“暗号通貨と国家”(Coindesk JAPAN)
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
ベーシックコース
《 第7期 》隔週金曜日 18:30〜21:45
2020/1/10(金):Vol.1,2 ブロックチェーンの世界 他〜
2020/1/24(金):Vol.3,4 ブロックの構造を知る 他〜

その他の日程はこちら
 
エンジニアコース|ブロックチェーン実践
《 第5期 》毎週水曜日 19:00〜20:30
2020/2/5(水):Vol.1 ブロックチェーンの基礎構造理解と開発環境準備
2020/2/12(水):Vol.2 ハッシュ関数を使った秘密鍵と公開鍵作成
2020/2/19(水):Vol.3 ウォレットの作成

その他の日程はこちら
 
エンジニアコース|スマートコントラクト開発
《 第3期 》毎週月曜日 20:30〜22:00
2019/12/16(月) :Vol.7 フロントエンド開発手法を学ぶ
2019/12/23(月) :Vol.8 ブロックチェーン投票システムを作成する
2020/1/20(月) :Vol.9 ブロックチェーン関連技術や秘密鍵の使われ方

その他の日程はこちら
※12/30、1/6、1/13 は休校となります。
 
ビジネスコース
《 第4期 》毎週火曜日 20:30〜22:00
2019/12/17(火):ICO・STOを取り巻く環境と実際の進め方
2019/12/24(火):ブロックチェーンビジネス事業計画の作り方
 
各コースの詳細はこちら
 
 
まずは無料体験セミナーの受講がオススメです
東京・大阪・オンラインで常時開催中です。

■ 直近の開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
12月14日(土) 10:30-12:10
12月17日(火) 16:00-17:40

【丸の内本校2号館】東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F
12月22日(日) 10:30-12:10

【大阪校】大阪府大阪市北区曽根崎2-12-4コフレ梅田8F
12月22日(日) 10:30-12:10

※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験セミナーもあります

無料体験セミナーはこちら
エンジニア向けの無料体験セミナーも開催しています。
 
重大トラブルも未然に回避!航空業界×ブロックチェーンの活用事例を紹介!
『FLOC LOG』は、ブロックチェーンの基礎知識を短時間で学べる学習コンテンツです。ブロックチェーン専門スクールのFLOCが、仮想通貨にも触れつつブロックチェーンの概要から用語の解説までわかりやすく解説します。
 
Libra特別セミナー Facebook新仮想通貨の衝撃 27億人のユーザーが生み出す、独自経済圏の波に乗る!
■ 収録時間:108分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料あり/受講期限:申込みから6ヶ月間)
ブロックチェーン国家・エストニアに学ぶ、デジタル官民連携の実用事例
■ 収録時間:75分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料なし/受講期限:申込みから6ヶ月間)
 
 
 
直近のブロックチェーン関連NEWSをお届けします。
 
■ ブロックチェーンなど新興テクノロジーに取り組む企業は収益成長率が2倍以上に

■ TwitterのドーシーCEO、ソーシャルメディア向け分散型オープンプロトコル開発を宣言

■ NikeがEthereumブロックチェーン上でスニーカーをトークン化する特許を取得

■ ブロックチェーン企業スペースチェーン、仮想通貨ハードウォレットを宇宙ステーションに送り出す

■ サンタンデール銀行、イーサリアムブロックチェーンで債券21億円相当を償還 「ライフサイクル全体を管理可能」






メディア掲載MEDIA