サイトマップ
ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS
FLOCブロックチェーン大学校  >  ニュースレターバックナンバー  >  大人気!開始1年で会員が1億人を突破したオンライン互助サービス「相互宝」とは?

2019.12.05

 
 
『大人気!開始1年で会員が1億人を突破したオンライン互助サービス「相互宝」とは?』
 
ブロックチェーンを活用した「相互宝」(シャン・フー・バオ)という保険(互助サービス)が、中国で会員数を大きく増やしています。その増加スピードは脅威的で、2018年10月のローンチからわずか半年で5000万人、1年で1億人以上もの会員を獲得しました。

相互宝は、QR・バーコード決済サービスの「アリペイ」や、信用スコアサービス「芝麻信用」で有名な中国の金融大手「アント・フィナンシャル」が運営するオンライン互助サービスです。芝麻信用スコアが650点以上のアリペイ会員が無料で加入できます。

がんや悪性腫瘍を含む100種類の重大疾病に対して給付金が支払われ、この給付金を加入者全員が負担する仕組みです。当然ながら、給付申請にあたっては疾病の証拠書類を提出しなければなりません。

給付金は年齢や疾病の種類に応じて一人あたり最大30万元(約460万円)に設定されており、仮に30万元の給付が発生した場合には1億人以上のユーザーで分割して負担することになります。なお、相互宝ではローンチから約7ヶ月で計60人の加入者が給付金を受け取りました。

この時点で直感的に加入者の負担が軽いことが分かるのではないでしょうか?60人全員が満額の30万元を受け取り、これを5000万人の加入者で負担すると仮定した場合、一人あたり計0.36元(約6円)の負担で済みます。

さらに、今年(2019年)の一人あたりの負担金上限は188元(約2900円)に設定されており、重度の疾病による給付金を一度受けたユーザーは保険者の資格を失います。また、請求状況は毎月公開されており、給付申請の結果に対して異議があれば、ユーザー間で審議を行うことも可能です。したがって、膨大な給付請求が生じて加入者の負担が無限に増えていく心配もありません。

そして、相互宝のような互助サービスを提供する際に、クリアしなければならない詐欺や虚偽申告の問題は、ブロックチェーンベースの証拠書類の管理システムを構築することで、防止しています。ブロックチェーンベースであるため、加入者がデータの事後的な変更や改ざんを行うことは不可能です。さらに、この証拠管理システムは公証人役場や電子認証センターと接続されているため、記録されたすべての書類は法的効力を有しています。

このように、信用スコアやブロックチェーンで不正リスクを最小化することで、相互宝が実現しているのです。そして、事前の保険料が要らず、負担金も少ない相互宝は保険サービスをより広い層へと届けるのに一役買っています。

実はこれまで所得の問題で、任意保険に加入できなかった人たちが大勢存在していました。芝麻信用スコアなどの制約はありますが、負担の少ない相互宝のようなサービスによって低所得者層が保険サービスにアクセスできる道が開かれたのです。実際に相互宝の加入者は、移民労働者が47%、農村地域の住民が31%と大半を占めています(2019年4月時点)。

今回紹介した事例のように世界では、多くのユーザーを抱える巨大なプラットフォームがテクノロジーとアイデアを駆使することで、これまでサービスが届かなかった層に対して新たな価値を提供しているのです。そして、ブロックチェーンに記録されたデータは改ざん困難であるため、信頼できる記録管理システムの基盤技術として、今後も活用されていくでしょう。


参考資料:
How Ant Financial is disrupting insurance(DIGFIN)
Alipay's Xiang Hu Bao aims to provide online mutual aid to 300 million people in the next 2 years(Ant Financial)

※文中の日本円・人民元の交換レートは2019年12月3日時点のものです(為替データはMorningstar社より)。
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
ベーシックコース
《 第7期 》隔週金曜日 18:30〜21:45
2020/1/10(金):Vol.1,2 ブロックチェーンの世界 他〜
2020/1/24(金):Vol.3,4 ブロックの構造を知る 他〜

その他の日程はこちら
 
エンジニアコース|ブロックチェーン実践
《 第5期 》毎週水曜日 19:00〜20:30
2020/2/5(水):Vol.1 ブロックチェーンの基礎構造理解と開発環境準備
2020/2/12(水):Vol.2 ハッシュ関数を使った秘密鍵と公開鍵作成
2020/2/19(水):Vol.3 ウォレットの作成

その他の日程はこちら
 
エンジニアコース|スマートコントラクト開発
《 第3期 》毎週月曜日 20:30〜22:00
2019/12/9(月) :Vol.6 ブロックチェーン制御・双方向通信(WebSocket、イベント監視)
2019/12/16(月) :Vol.7 フロントエンド開発手法を学ぶ
2019/12/23(月) :Vol.8 ブロックチェーン投票システムを作成する

その他の日程はこちら
※12/30、1/6、1/13 は休校となります。
 
ビジネスコース
《 第4期 》毎週火曜日 20:30〜22:00
2019/12/10(火):クラウドプラットフォームとブロックチェーンの実装
2019/12/17(火):ICO・STOを取り巻く環境と実際の進め方
2019/12/24(火):ブロックチェーンビジネス事業計画の作り方
 
各コースの詳細はこちら
 
 
まずは無料体験セミナーの受講がオススメです
東京・大阪・オンラインで常時開催中です。

■ 直近の開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
12月10日(火) 16:00-17:40
12月14日(土) 10:30-12:10

【丸の内本校2号館】東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F
12月7日(土) 14:00-15:40
12月22日(日) 10:30-12:10

【大阪校】大阪府大阪市北区曽根崎2-12-4コフレ梅田8F
12月10日(火) 19:00-20:40
12月22日(日) 10:30-12:10

※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験セミナーもあります

無料体験セミナーはこちら
エンジニア向けの無料体験セミナーも開催しています。
 
ビットコインの残高はどうやって管理する?「UTXO」とは何なのか?
『FLOC LOG』は、ブロックチェーンの基礎知識を短時間で学べる学習コンテンツです。ブロックチェーン専門スクールのFLOCが、仮想通貨にも触れつつブロックチェーンの概要から用語の解説までわかりやすく解説します。
 
Libra特別セミナー Facebook新仮想通貨の衝撃 27億人のユーザーが生み出す、独自経済圏の波に乗る!
■ 収録時間:108分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料あり/受講期限:申込みから6ヶ月間)
ブロックチェーン国家・エストニアに学ぶ、デジタル官民連携の実用事例
■ 収録時間:75分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料なし/受講期限:申込みから6ヶ月間)
 
 
 
直近のブロックチェーン関連NEWSをお届けします。
 
■ 三菱UFJがデジタル通貨でリクルートと共同出資新会社

■ 東大でも仮想通貨XRPレジャーのバリデータ運用開始|京大に続き2例目

■ インドの人口最大の州がブロックチェーン使った太陽光発電プロジェクト開始

■ IBM、ドローンを使った盗難・破壊に対抗するブロックチェーン基盤システムの特許申請

■ ユベントス、独自仮想通貨を発行 ファンに投票権を付与






ブロックチェーン業界の
最新情報や転職に役⽴つ「キャリアメール」

毎⽉⼀回無料配信しています

個人情報の取り扱いについて

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION