FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS

2019.09.05

 
 
『トークンとブロックチェーンは日本のアニメを広げ、クリエイターを支援する手段となるか?』
 
国外から日本を見たときに、多くの人が日本の特徴として挙げるのが「アニメ」です。最近では、新海誠監督のアニメ映画最新作「天気の子」が、公開前から140もの国と地域で配給が決定するなど、日本アニメは世界的にも人気を集めています。

そんなアニメ業界をブロックチェーンを活用して盛り上げる取り組みが登場しつつあります。今回はアニメ×ブロックチェーンという観点から、注目のプロジェクトを2つ取り上げていきましょう。

まず、8月29日に「株式会社bitFlyer Blockchain」「株式会社イード」「Tokyo Otaku Mode Inc.」「一般社団法人オタクコイン協会」の4社は、ブロックチェーンを活用した翻訳プラットフォーム「Tokyo Honyaku Quest」のパイロット版を公開しました。Tokyo Honyaku Questでは世界中のアニメファンが翻訳者となり、アニメに関するニュースを翻訳・校正、記事として配信できます。

さらに、翻訳者や翻訳に協力した人には報酬として独自トークン「HON」が付与されます。トークンとは、ブロックチェーン上で流通するプログラミング可能な資産のことです。トークンにはいくつか種類があり、通貨やポイントのような支払手段として機能するトークンもあれば、他のトークンと交換できない個性を持ったNFT(Non-Fungible Token)もあります。

現在のTokyo Honyaku Questは実証実験中であり、報酬としてのコミュニティトークンが翻訳の質とスピードを担保するか、ブロックチェーンの活用がファンコミュニティの強化・拡大に繋がるかなどが検証されていく予定です。

また、シンガポールに拠点を置くスタートアップ「BlockPunk」は、デジタル作品の利用権をNFT化し、オンラインで取引できるプラットフォームを開発・提供しています。ブロックチェーンを活用することで、観終わったDVDをフリマアプリで出品するように、デジタル作品をオンラインで再販できるようになります。そして、再販されると売上の一部はクリエイターに支払われます。さらに、適切なNFTを持っているユーザーのみがデジタル作品を視聴できる仕組みであるため、無断コピーの対策にもなっているのです。

つまり、BlockPunkのようにブロックチェーン上でデジタルコンテンツを管理・流通させることで、著作権保護とクリエイター支援を両立できるのです。BlockPunkは大日本印刷の出資を受け、同社の戦略パートナーとなっているため、将来的には両社が連携して構築されたクリエイターの権利を保護する仕組みが発表されるかもしれません。

さて、デジタルコンテンツの分野においては、今回紹介したデジタル作品の利用権の他にも、NFTは様々な領域で応用されています。特にNFTを活用したブロックチェーンゲームは国内外で盛り上がりを見せており、この市場は今後しばらく成長していくでしょう。そして、「My Crypto Heroes」や「CryptoSpells」といった国内企業が開発するタイトルが、ブロックチェーンゲームの世界で大きな存在感を示しています。

FLOCではイーサリアムベースで世界トップのユーザー数・取引量を誇るブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」の開発陣を講師として招き、「ブロックチェーンゲーム開発ゼミ」を9月11日(水)から開講する予定です。

様々な領域で広がりを見せるNFTを活かしたプロダクト開発の真髄を、あなたもぜひ学んでみませんか?

■ ゼミ名 :ブロックチェーンゲーム開発ゼミ
■ 講師  :
上野 広伸 氏(double jump.tokyo株式会社 代表取締役 CEO/CTO)
満足 亮 氏(double jump.tokyo株式会社 リードエンジニア)
■ 受講料 :80,000円(税抜)
■ 受講時間:全8回×90分
■ 開催日時:2019年9月11日(水)・9月18日(水)・10月2日(水)・10月23日(水) 18:30-21:45
■ 会場  :丸の内本校2号館 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F
申込みはこちら

参考資料:
ブロックチェーンを活用した翻訳プラットフォーム「Tokyo Honyaku Quest」のパイロット版をローンチ (4社合同プレスリリース)
アニメ視聴権をブロックチェーントークン化 クリエイターの新たな選択肢へ(コンフィデンス)
大日本印刷が出資、ブロックチェーン活用によるデジタル作品の売買技術を持つBlockPunk(TechCrunch)
 
 
直近のブロックチェーン関連NEWSをお届けします。
 
■ 仮想通貨取引所がブロックチェーンスマホを発売 ── 5G対応機種も計画
https://www.coindeskjapan.com/19149/

■ ジャガー初のフルEV電気自動車“I-PACE”、IOTA財団と共同で概念実証デモ
https://nextmoney.jp/?p=21326

■ 英大手銀行HSBC、ブロックチェーン上で初となる「人民元」建ての貿易取引に成功
https://coinpost.jp/?p=105005

■ アフリカのシエラレオネ、ブロックチェーン基盤の国民個人認証システムを今年中に採用へ
https://jp.cointelegraph.com/news/sierra-leone-aims-to-finish-national-blockchain-id-system-in-late-2019

■ オリックスと東京大学、ブロックチェーン活用の電力トラッキングを共同研究開始
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1204772.html
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
ベーシックコース
《 第6期 》9/28(土)、10/5(土) 10:00〜17:30
2019/9/28(土):
Vol.1 ブロックチェーンの世界
Vol.2 ブロックチェーンの基礎技術
Vol.3 ブロックの構造を知る
Vol.4 暗号技術とウォレット

2019/10/5(土):
Vol.5 P2Pの構造と技術
Vol.6 ブロックチェーン上の合意形成
Vol.7 アルトコインとトークンエコノミー
Vol.8 スマートコントラクトとブロックチェーンの未来
 
エンジニアコース|ブロックチェーン実践
《 第4期 》毎週木曜日 19:30〜21:00
2019/9/12(木) :Vol.6 送金しよう
2019/9/26(木) :Vol.7 P2Pの仕組みの理解
2019/10/3(木) :Vol.8 P2Pの仕組みの構築
2019/10/10(木):Vol.9 コンセンサス・アルゴリズムの理解
2019/10/17(木):Vol.10 コンセンサス・アルゴリズムと拡張
2019/10/31(木):Vol.11 ブロックチェーンを作る(前編)
2019/11/14(木):Vol.12 ブロックチェーンを作る(後編)
※8/15、9/19、10/24、11/7 は休校となります。
 
エンジニアコース|スマートコントラクト開発
《 第3期 》毎週月曜日 20:30〜22:00
2019/10/28(月) :Vol.1 スマートコントラクト開発の入口(Solidity、Remix)
2019/11/11(月) :Vol.2 スマートコントラクトの仕組みを知る(Solidity、Gasコスト)
2019/11/18(月) :Vol.3 スマートコントラクト開発環境(Solidity、ノード構築、Ether送金)
2019/11/25(月) :Vol.4 トークンとセキュリティ(Solidity継承・import、トークン、ERC20、Truffle)
2019/12/2(月) :Vol.5 ブロックチェーントランザクションを探る(IPC/RPC接続、Node.js、トランザクション)
2019/12/9(月) :Vol.6 ブロックチェーン制御・双方向通信(WebSocket、イベント監視)
2019/12/16(月) :Vol.7 フロントエンド開発手法を学ぶ
2019/12/23(月) :Vol.8 ブロックチェーン投票システムを作成する
2020/1/20(月) :Vol.9 ブロックチェーン関連技術や秘密鍵の使われ方
2020/1/27(月) :Vol.10 DApps開発の基礎や便利な開発ツール
2020/2/3(月) :Vol.11 DAppsの応用事例や便利なツール
2020/2/10(月) :Vol.12 Ethereum特有の技術や課題、これからの展望
※11/4、12/30、1/6、1/13 は休校となります。
 
ビジネスコース
《 第4期 》毎週火曜日 20:30〜22:00
2019/10/1(火) :ブロックチェーンと未来のビジネス
2019/10/8(火) :Ethereumの仕組みとビジネス活用
2019/10/15(火):スマートコントラクトとその活用事例
2019/10/29(火):Rippleの仕組みとビジネス活用
2019/11/5(火) :仮想通貨取引とブロックチェーン
2019/11/12(火):決済・送金手段としての応用
2019/11/19(火):金融・証券分野への応用
2019/11/26(火):情報管理分野への応用(シェアリングエコノミー、不動産登記)
2019/12/3(火) :流通分野への応用(サプライチェーン、コンテンツ流通)
2019/12/10(火):クラウドプラットフォームとブロックチェーンの実装
2019/12/17(火):ICO・STOを取り巻く環境と実際の進め方
2019/12/24(火):ブロックチェーンビジネス事業計画の作り方
※10/22 は休校となります。
 
各コースの詳細はこちら
 
セミナーのWEB配信を開始しました
【緊急開催】Libra特別セミナー Facebook新仮想通貨の衝撃 27億人のユーザーが生み出す、独自経済圏の波に乗る!
■ 収録時間:108分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料あり/受講期限:申込みから6ヶ月間)
ブロックチェーン国家・エストニアに学ぶ、デジタル官民連携の実用事例
■ 収録時間:75分
■ 形式  :WEB配信
■ 受講料 :3,000円(税抜)
      (補足資料なし/受講期限:申込みから6ヶ月間)
 
『3分でわかるブロックチェーン』解説記事を配信中
3分でわかるブロックチェーン』は、ブロックチェーンの基礎知識を短時間で学べる学習コンテンツです。ブロックチェーン専門スクールのFLOCが、仮想通貨にも触れつつブロックチェーンの概要から用語の解説までわかりやすく解説します。
 
無料体験セミナーは常時開催しています
■ 開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
9月9日(月) 19:30-21:10
9月17日(火) 19:30-21:10

【丸の内本校2号館】東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F
9月7日(土) 13:00-14:40
9月23日(月) 17:00-18:40

【新宿校】東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
9月28日(土) 19:00-20:40

【大阪校】大阪府大阪市北区曽根崎2-12-4コフレ梅田8F
9月17日(火) 19:30-21:10
9月28日(土) 19:00-20:40

※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験セミナーもあります

無料体験セミナーの申込みはこちら
FAG
FAG

総合マネースクールを中心とした
金融経済教育を提供するグループ

floc
floc

「未来を創る人を、つくる」を
ミッションとした教育ベンチャー

vacans
vacans

余白を楽しむコミュニティスペース
丸の内バカンス








FLOCブロックチェーン大学校公式SNS
ブロックチェーンに関する最新動向やスクールの最新情報をお送りします

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
E-mail:support@floc.jp
URL:https://floc.jp

ニュースレターの配信停止をご希望の方はこちら