サイトマップ
ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS
FLOCブロックチェーン大学校  >  ニュースレターバックナンバー  >  Bitcoin Core、次回アップデートでハードウェアウォレットからフルノードに接続可能に!

2019.05.02

 
 
『Bitcoin Core、次回アップデートでハードウェアウォレットからフルノードに接続可能に!』
 
ビットコインのクライアントソフトウェアの1つであるBitcoin Coreの次のメジャーアップデートで、ハードウェアウォレットからフルノードに直接接続できるようになることが明らかになりました。

フルノードとはP2Pネットワークにおいてブロックチェーンの全てのデータを保持しているノードです。ビットコインの場合、世界に1万ほどのフルノードが存在しています。フルノードは全てのトランザクションのデータをはじめありとあらゆるデータを保持しているため、もっとも安全なノードと言えます。しかし、データサイズが200GB近くほどとなり巨大になるため、全てのノードが保有することは現実的ではありません。

そこで考案されたのが、SPV(Simplified Payment Verification)ノードでした。SPVノードはブロックヘッダのみをダウンロードし、自身のノードに関連するトランザクションをフルノードに問い合わせることでデータを把握します。

SPVノードはフルノードの1000分の1ほどのデータサイズに抑えられるため、ハードウェアウォレットをはじめとする一般的な端末でも利用することができます。大勢の一般の人々でも利用できるようになるため、ブロックチェーンのネットワークへの参加者を多様化させることが可能です。

すでに紹介したように、フルノードはすべてのトランザクションのデータを持っているため、実際に特定の取引が行われたことが直接確認できるため、安全性が高いと言われています。また、ハードウェアウォレットはビットコインを保管する上で、安全性の高い方法の1つとして知られています。

そこで、ハードウェアウォレットからフルノードに直接アクセスできるようにすることは、安全性を高める上で非常に有効な手段とみられていました。今回のアップデートは、サーバーを介さずに自分の持っている資産をハードウェアウォレットから直接フルノードにアクセスできるように改良されています。この仕組みのことは、Hardware Wallet Interface(HWI)と呼ばれており、満を持して今回実装されることとなりました。

現在はコマンドラインから手動で動かす必要があり、今後とも開発を行いより使いやすいものに改良を進めて行くことも発表されています。ビットコインは公開されて10年ほどが経っていますが、まだまだ進化を続けていきそうです!


参考資料:
Next Bitcoin Core Release to Finally Connect Hardware Wallets to Full Nodes
https://www.coindesk.com/next-bitcoin-core-release-to-finally-let-hardware-wallets-connect-to-full-nodes

 
 
直近のブロックチェーン関連NEWSをお届けします。
 
■ 米国防大手所有のサイバーセキュリティー企業、ブロックチェーン関連の特許を取得
https://jp.cointelegraph.com/news/blockchain-patent-granted-to-cybersecurity-company-owned-by-us-defense-contractor

■ フォルクスワーゲン、ブロックチェーンで希少金属コバルト追跡へ IBMと提携
https://jp.cointelegraph.com/news/volkswagen-joins-ibm-backed-blockchain-platform-for-cobalt-supply-chains

■ NTTタイ、ブロックチェーンやAIに焦点あてた研究所を新設へ
https://jp.cointelegraph.com/news/telecoms-giant-ntts-thai-unit-plans-to-launch-blockchain-ai-iot-innovation-lab

■ 中国電力、ブロックチェーンを活用した電力融通システムの実証実験を開始
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1182513.html
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
ベーシックコース
《 第5期 》2019/6/24(月)開講
 
エンジニアコース|ブロックチェーン実践科
《 第3期 》2019/5/10(金) 20:30〜22:00
Vol.9 コンセンサス・アルゴリズムの理解
- Block1 コンセンサス・アルゴリズム
- Block2 Proof of Work
- Block3 難易度の調整
- Block4 その他のコンセンサス・アルゴリズム
 
エンジニアコース|スマートコントラクト開発科
《 第3期 》2019/5/28(火)開講
 
ビジネスコース
《 第3期 》2019/5/9(木) 20:30〜22:00
ブロックチェーンと未来のビジネス
- Block1 ブロックチェーンに期待が集まる理由
- Block2 復習:ブロックチェーンの仕組み
- Block3 社会を変える3つのキーワード
- Block4 ブロックチェーン 3つの活用系統
- Block5 ブロックチェーンの応用分野と将来像
 
各コースの詳細はこちら
 
『3分でわかるブロックチェーン』解説記事を配信中
3分でわかるブロックチェーン』は、ブロックチェーンの基礎知識を短時間で学べる学習コンテンツです。ブロックチェーン専門スクールのFLOCが、仮想通貨にも触れつつブロックチェーンの概要から用語の解説までわかりやすく解説します。
 
無料体験コースは常時開催しています
■ 開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
5月4日(土) 14:00-15:40
5月13日(月) 20:00-21:40

【有楽町校】東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1F
5月11日(土) 13:00-14:40

【新宿校】東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
5月5日(日) 10:30-12:10
5月19日(日) 13:00-14:40
※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験コースもあります

無料体験コースの申込みはこちら







FLOCブロックチェーン大学校公式SNS
ブロックチェーンに関する最新動向やスクールの最新情報をお送りします

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
E-mail:support@floc.jp
URL:https://floc.jp

ニュースレターの配信停止をご希望の方はこちら

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION