FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

ニュースレターバックナンバーNEWS LETTERS

2019.03.28

 
 
『ブロックチェーン時代のWebブラウザBraveは世界を変えるのか。』
 
ネットサーフィンをしていると、日々、様々な広告を目にします。

場合によってはユーザーの体験を損ねる広告が配信されることもある中、ブロックチェーンとWebブラウザを組み合わせることで、現状のWeb広告モデルを変えようとしている企業があります。

企業の名前は「Brave」(ブレイブ)。 Brave社はWebブラウザFirefoxを開発したMozilla前CEOのBrendan Eich氏が率いるブラウザ開発企業であり、2017年に実施したICO(Initial Coin Offering)では、わずか30秒で3500万ドル(約38億円)もの資金調達に成功しています。

Brave社はどのようにして、現在のWeb広告の仕組みを変えようとしているのでしょうか?

まずは、現状の広告モデルの仕組みを簡単に整理します。

現在のWeb広告に関わる直接的な当事者としては、広告主と広告掲載者(ブログなどのWebサイト)、ユーザーの三者が存在します。 また、これら当事者の間にはユーザーのサイト閲覧履歴や居住地域などの個人情報を収集し、行動をトラッキングするツールやWebブラウザ、広告代理店など、多くの仲介者が存在しています。 そして、ユーザーのプライバシー(個人情報)は、ユーザーの想像以上に仲介者によって集められ、利用されています。

このような状況に対して、トラッキングツールなどをブロックする機能を標準搭載し、利用者のプライバシーを重視しているのが、Webブラウザの「Brave Browser」(以下、Brave)です。

そして、Braveにおいて特徴的なのが、独自トークンを用いることで、広告モデルの収益構造を再分配し、サイトの掲載者やユーザーにもメリットを提示している点だと言えるでしょう。 トークンとは、ブロックチェーン上で発行されるポイントのようなもので、BraveではBAT(Basic Attention Token)というトークンが用いられています。

Brave上では広告が一旦ブロックされ、広告を見ても良いと許可したユーザーにだけ広告が表示されます。 この時、広告の表示を許可したユーザーと広告掲載者に対してトークンが報酬として支払われます。

つまり、仲介者が手数料を徴収する従来の仕組みよりも、ユーザーや広告掲載者に対して分配される報酬の割合が多くなるのです。 さらに、ユーザーは良質なコンテンツを配信するWebサイトの運営者に対して、投げ銭的にBATトークンを送ることができるため、広告掲載者の新たな収益源となる可能性を秘めています。

もちろん、上記のモデルが実現するには相応のユーザー数と十分なトークンの分配が不可欠なのは間違いないですが、2019年3月時点でBraveは、Androidアプリだけでも2000万ダウンロードを突破しており、これはトークンの組み込みを前提としたプロダクトとしては驚異的な数字です。

Brave自体は、既にブラウザ機能が安定して使えるものの、トークンによる報酬システムなどは開発中であるため、今後、このプロダクトが上手くワークし広告モデルのあり方が変わっていくのかが注目されます。

なお、Braveはブロックチェーンの話題を抜きにしても快適なブラウジングができる質の高いプロダクトなので、興味のある方は一度触ってみると良いかもしれません。

参考資料:
Brave Browser: Secure, Fast & Private Web Browser with Adblocker
https://brave.com/
Mozilla前CEOが設立したBraveが30秒で3500万ドル調達――テック界に広がるICOの可能性(TechCrunch)
https://jp.techcrunch.com/2017/06/02/20170601brave-ico-35-million-30-seconds-brendan-eich/?fbclid=IwAR1DCkTYDFaOBKxEEBdjw8a2UFHcT5ZNcf_DXxLkCW_j2ENKcrJIVvkX4QU
Blockchain’s Killer App: Crypto-Powered Web Browser Brave Hits 20 Million Downloads(CCN)
https://www.ccn.com/blockchains-killer-app-crypto-powered-web-browser-brave-hits-20-million-downloads

 
 
直近のブロックチェーン関連NEWSをお届けします。
 
■ 高級スコッチ・ウイスキーの「アイルサベイ」 製造・販売でブロックチェーン採用 創業130年超の酒造大手の狙いは?
https://jp.cointelegraph.com/news/over-130-year-old-liquor-company-william-grant-sons-to-track-whiskey-on-blockchain

■ 公共交通業界に革命を起こす!VMC、ステラのブロックチェーンでオランダ初のSTOを発表
https://venturetimes.jp/cryptocurrency/42867.html

■ ブロックチェーンと健康情報が結合した‘MEDIKEY’、POC(概念実証)形態で開始目前
https://www.jiji.com/jc/article?k=20190327005233&g=bw

■ 日本IBM、製薬企業や医療団体と連携しブロックチェーン技術の活用を推進
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/17671

■ アートの力でビジネスと社会を次のステージへ。国内初のキュレーション型アーティストデータベース「ARTOMIC(アトミック)」が4/7にサービスを開始!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000041098.html
 
直近のスクール開催予定について、お知らせします。
 
ベーシックコース
《 第4期 》2019/4/13(土)開講
 
エンジニアコース|ブロックチェーン実践科
《 第3期 》2019/3/29(金) 20:30〜22:00
Vol.5 新規取引の作成
- Block1 取引APIの構成
- Block2 取引ビルダーAPIについて
- Block3 取引の構築
 
エンジニアコース|スマートコントラクト開発科
《 第1期 》2019/3/30(土) 18:30〜21:45
Vol.11 DAppsの応用事例や便利なツール
- Block1 HD Wallet
- Block2 Ethereumの金融経済圏
- Block3 NFT(Non-Fungible Token)[1]
- Block4 理解度チェック

Vol.12 Ethereum特有の技術や課題、これからの展望
- Block1 NFT(Non-Fungible Token)[2]
- Block2 スケーラビリティ
- Block3 セキュリティ解析
- Block4 Ethereumの未来
- Block5 学習を振り返って
 
ビジネスコース
《 第2期 》2019/4/1(月) 20:30〜22:00
Vol.9 情報管理分野への応用(シェアリングエコノミー、不動産登記)
- Block1 シェアリングエコノミーの概要と課題
- Block2 シェアリングエコノミーへのブロックチェーン適用
- Block3 シェアリングエコノミーにおける活用事例
- Block4 シェアリングエコノミーとしてのDAO
- Block5 不動産管理における活用
 
各コースの詳細はこちら
 
直近のイベント案内
■ 日時 :2019年4月10日(水)20:30-22:30
■ 場所 :丸の内vacans|東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル2階
■ 講演者:
・箱崎 竜太郎氏:株式会社インフォマート〈東証一部上場〉IMアドバンスドテクノロジーラボ部長
・奥 達男氏:株式会社CAICA〈JASDAQ上場〉 ブロックチェーンコンサルタント
■ 参加費:無料
申込みはこちら
■ 日時 :2019年4月11日(木)18:00-20:00
■ 場所 :丸の内vacans|東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル2階
■ 講演者:
・江田 健二氏:RAUL株式会社 代表取締役
・中村 良道氏:株式会社スマートエナジー研究所 ファウンダー、一般社団法人DELIA 代表
・井口 和宏氏:株式会社シェアリングエネルギー 事業開発室長
・三宅 成也氏:みんな電力株式会社 専務取締役
・吉野 美佳氏:丸紅株式会社 国内電力プロジェクト部企画チーム
■ 参加費:3,000円(税抜)
申込みはこちら
 
『動画でわかるブロックチェーンNEWS』を配信中
動画でわかるブロックチェーンNEWS』は、ブロックチェーン関連の重要ニュースについて正しい事実関係を伝えることはもちろん、テクノロジーを熟知した専門家が技術的な問題点や今後の対策を解説することにより、ブロックチェーン技術の正しい理解を広めることを目的としています。
 
『3分でわかるブロックチェーン』解説記事を配信中
3分でわかるブロックチェーン』は、ブロックチェーンの基礎知識を短時間で学べる学習コンテンツです。ブロックチェーン専門スクールのFLOCが、仮想通貨にも触れつつブロックチェーンの概要から用語の解説までわかりやすく解説します。
 
ブロックチェーンビジネスの無料コンサルティング受付中
丸の内vacans by FLOCにて、ブロックチェーンビジネスの無料コンサルティングがスタートしました。ブロックチェーン産業を発展させるという想いのもと、業界屈指のコンサルタントが相談を承ります。

■ 場所:
丸の内vacans
東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル2階

ブロックチェーンビジネスをスタートしたい。
ブロックチェーンビジネスのスタート方法を相談したい。
このような想いをお持ちの方、まずは問合せください。
無料コンサルティングに応募する
 
無料体験コースは常時開催しています
■ 開催日程
【丸の内本校】東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
4月2日(火) 20:30-22:10
4月12日(金) 18:15-19:55

【有楽町校】東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1F
3月29日(金) 20:30-22:10
4月15日(月) 19:00-20:40

【新宿校】東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿9F
3月31日(日) 12:15-13:55
4月4日(木) 18:15-19:55
※ その他の日程についてはWEBサイトで確認をしてください
※ 遠方の方や直近の開催日程でご都合が合わない方は、インターネット上で受講ができるWEB体験コースもあります

無料体験コースの申込みはこちら







FLOCブロックチェーン大学校公式SNS
ブロックチェーンに関する最新動向やスクールの最新情報をお送りします

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
E-mail:support@floc.jp
URL:https://floc.jp

ニュースレターの配信停止をご希望の方はこちら