サイトマップ
ホワイトペーパー FLOC LOG
FLOCブロックチェーン大学校 > FLOC LOG > ホワイトペーパー > 【日本語訳】ベーシックアテンショントークン(BAT)ホワイトペーパー全文

【日本語訳】ベーシックアテンショントークン(BAT)ホワイトペーパー全文

ベーシックアテンショントークン(BAT)ホワイトペーパー全文の日本語訳です。ブロックチェーンを活用した様々なプロジェクトのホワイトペーパー日本語訳を閲覧できます。

分散コンテンツホスティングはパブリッシャーの収益の14%を占めるに過ぎず、収益の大半はYoutubeから来ています。[14]多くのパブリッシャーはこれらのプラットフォームにおける、深刻なコモディティ化の問題を経験しています。
これらのプラットフォーム上の広告主も深刻な課題に直面しています。プラットフォームのサイズが非常に大きいため、それらのプラットフォームでの広告キャンペーンの効果を評価するのは不透明で困難です。これらのプラットフォームをターゲットとした分析プロダクトの大半は、プラットフォームオーナーによって提供されているので、プリンシパルエージェント問題が発生します。広告主の一部は、このような囲まれたプラットフォーム内のトラフィックは問題にならないと考えてきました。さらには、第三者機関の分析に基づいて、トラフィックの大半は広告主に価値を生み出していないことを指摘している広告主さえいます。[15]
GoogleやFacebookが自分たちの支配権を広げ、パブリッサ―のドメインから直接のユーザーから取り込まれた他のデータやトラフィックによってマーケットにおける支配力を強化するために、主要なプラットフォームプレイヤーはよりインセンティブがある配置で、迅速、かつ確実なユーザーエクスペリエンスを謳った代替となるコンテンツデリバリーチャネルを提供し始めています。Facebook Instant Articles、Google AMPプロジェクト、そしてApple Newsデリバリーチャンネルが最初にパブリッシャーに、リーチと視認性を拡大する機会として、紹介されたものの、結局はパブリッシャーの自社ブランドと読者との関係性に対する支配力を減少させ、長期的にはパブリッシャーのサイトに対する直接の関心を失わせることになります。
一般的に言うと、パブリッシャーは既に脅威と直面しています。レガシーなパブリッシャーはこの数十年収益の減少に直面してきました。クリックのために最適化されたコンテンツを制作することへの圧力によってパブリッシャーは、長文記事の分割化、調査報道、海外支局、そして「clickbait」と名付けられた非常に嘆かわしい社会的費用を生み出しました。この機能不全な変化は業界全体において見られます。マーケティング予算は増え続けていますが[16]、パブリッシャーの収益は横ばいか縮小しています[17]。これを示すのはマーケットには深刻な非効率性があります。しかし、この非効率性は新しいテクノロジーに基づいたシンプル化され、より効率的な経済システムによって修復することができます。

図8: Google vs Facebook vs その他の収益

図9: 新聞の広告収益の減少

3.新しいディール: ブロックチェーン上のアテンションベースの経済

仲介業者の多様性とパブリッシャーとユーザーに対する付加価値の欠如は、現在のオンライン広告エコシステムのある種の単純化を避けられないものにしています。現在のトレンドとしては、GoogleやFacebookのようなゲートキーパーとなるような企業がオンラインマーケティング用の予算全体を支配し、パブリッシャーは自社の収益に対する支配力を失っており、寡占化が進んでいます。さらに、ユーザーがどんどんアドブロッカーを採用することで、残された広告予算のマーケットがこれからも縮小していくことは避けられないことに見えます。
それでも、ユーザーからの関心には価値があることには変わりませんが、その関心は効率的で、透明性のあるマーケットシステムで適切な価格付けが行われてきていません。膨大な量の情報がインターネット上で生み出され、氾濫していますが、人間は情報の特定の小さなサブセットに限られた量の関心を払うことしかできません。現代における情報の価値は相対的に見て、小さいです。人々は情報に対して、ほとんど関心を払いません。Herbert Simonの1971年に書いた有名な記事によると、

 

「. . .情報が溢れる世界では、豊富な情報は何かが欠けていることを意味します。情報が何を消費するかは明確で、受け手の関心です。それゆえ、情報が豊富だと関心が欠如するようになり、その関心をその情報を消費するかもしれない過剰な情報源に効率的に配置する必要があります。」

 

究極的に、パブリッシャーはユーザーにとって価値のあるかもしれない情報を提供します。ユーザーは自分が関心を払う価値がある情報を提供する見返りとして、関心を与えます。現状、パブリッシャーは広告ネットワークとその他のツールを通じて、複雑な仲介業者のネットワークを通じて、関心をマネタイズしています。パブリッシャーはユーザーからの関心に対して、報酬を直接受け取っていません。実際には、パブリッシャーは広告に対するユーザーの関心を非間接的に測った結果に対しての支払いを受けています。パブリッシャーは印刷広告のためにこのモデルを使っていましたが、上記の理由でこのモデルをウェブ広告に適用するには問題が多く残っています。ユーザーは現在の広告エコシステムに伴うマイナスの側面にさらされています。
それゆえ、ユーザーはセキュリティ、プライバシーへの脅威、非効率的なダウンロード時間によるコスト、余分なモバイルデータ量による金銭的負担、そして多くの広告の場合における関心のための過剰なコストによって構成される「電子公害」の1種に苦しめられています。人間の関心は、ドーパミンのレベルが回復するまで、疲れ果てることもあります。ニューロンは広告枠を無視することを学ぶことができます。広告を無視し、アドブロッカーを採用することでユーザーは広告を無視するようになり、ユーザーを永遠に失うことで、「関心」は豚肉や原油のような代替可能な商品ではなくなるという最終的な分析もあります。ユーザーの大半がパブリッシャーの情報にアクセスするために課金をするかもしれませんが、現在の広告エコシステムが課している、どんどん大きくなっているネガティブな側面をまとめたら、ユーザーの関心は不当な価格になっています。

3.1.ベーシックアテンションメトリックス (BAM)

デジタル広告の効率性を向上させるには、新しいプラットフォームと取引の単位が必要になります。最初のフェイズには早く、オープンソースで、プライバシーにフォーカスし、広告とトラッカーをブラック市、匿名でユーザーの関心を計測し、正確にパブリッシャーに報酬を与える元帳システムを持っている、Braveという新しいブラウザのロールアウトが含まれています。次のフェイズにはベーシックアテンショントークン(BAT)の導入が含まれています。BATは分散型広告取引のためのトークンです。BATは広告主、パブリッシャー、そしてユーザーをつなぎ、新しい、効率的なマーケットプレイスを作ります。このトークンは、オープンソースで、ブロックチェーンベースの分散型コンピューティングプラットフォームで、スマートコントラクトに対応している、Ethereumのテクノロジーに基づいています。これらの暗号学的に安全なスマートコントラクトはEthereumブロックチェーン内に保存されるステートフルなアプリケーションで、完全に何かの実行を執行することができます。このトークンはユーザーの関心に支配、もしくは関心から派生しています。ここで言う、「関心」とは広告に対する精神的なエンゲージメントのことのみを指します。
ブラウザレベルで、プライバシーを確保しながらユーザーの関心を監視する機能は、ユーザーの関心のための豊富なメトリクスを開発することを可能にします。例えば、アクティブなタグに関心が払われたかを判別することができ、さらにアクティブなユーザーのエンゲージメントの秒数を測ることができます。視聴したとして計測される関心はリアルタイム内での、ブラウザのアクティブタブ内の広告とコンテンツに払われたものが計測されます。広告との直接的な関わり合いの前に、関連性のあるコンテンツに比例して、継続時間とビュー内のピクセルに基づいて広告の注目度が計算されます。私たちはシステムの開発に伴って、さらなる匿名性を維持した、アクション単価モデルを定義します。
デバイス内機械学習は、外部モデルからどれだけのユーザーデータが摘出され、モニターされているかに関わらず、サードパーティーによるトラッキングとクッキーでは実現できないレベルで、本当にコンテンツと関連する広告をマッチングします。これらの外部モデルでは、ユーザーがすでに購入したことがある製品の広告を配信できないぐらい、十分にトランザクションを追跡することができません。本物のフィードバックメカニズムによるユーザーエンゲージメントは、BATを選択したユーザーが、購入する可能性が最も高い製品と可能な限り最高レベルで一致することを実現します。究極的には、ユーザーを信頼し、ユーザーを尊重することになります。デバイス上にのみデータを保管し、データを暗号化し、私たちのユーザーのIDを保護することを最優先とすることで、BATはユーザーが保有しているデータが価値を有するだけでなく、現在の業界のモデルでは毎年仲介業者によって悪用され、無視されてきているそのデータに重要な価値があることを証明します。
Braveの寄付元帳システムでは、複数のスコアリングアルゴリズムが試されており、このアルゴリズムはウェブサイトに対する関心の量に比例して、自動的に寄付を行います。提案される測定基準のうちの1つは、アクティブウィンドウ内の広告コンテンツの5秒以上の合計5回の閲覧です。そして、この閲覧数は30日間の移動時間枠で計算されます。
もう1つ提案されている測定方法は 、「concave」スコアと呼ばれます。[18] このスコアはオープンで、アクティブなページで費やされた時間の合計を、しきい値化し、限定化して、パブリッシャーに報酬を与えるものです。例えば、1「点」はページへの2秒の閲覧に対する報酬、2点は30秒の閲覧、そして60秒の閲覧に対しては3点を与えるなど、より長時間の閲覧では得られるポイントが減少するようにできます。


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
6,000人を超える方が参加した、ブロックチェーンを無料で100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わない、家で勉強したいという方にはWEB体験セミナーも行ってます。

多数のケーススタディが掲載されたブロックチェーンビジネス事例集がこちらから無料入手できます。

最新記事・限定情報を配信してます

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。
無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンFLOC講師が解説!速報ブロックチェーンニュースソーシャルチェーンホワイトペーパー体験セミナー

メディア掲載MEDIA