サイトマップ
ブロックチェーンエンジニアに質問してみよう FLOC LOG
FLOCブロックチェーン大学校 > FLOC LOG > ブロックチェーンエンジニアに質問してみよう > 【教えて赤澤先生】ステーブルコインと普通の仮想通貨って何が違うの?

【教えて赤澤先生】ステーブルコインと普通の仮想通貨って何が違うの?

受講生代表のタカシくんは今日も疑問があるようです。「ステーブルコインって? 仮想通貨と何が違うの?」 疑問・質問はもちろん、難問や珍問、さらによくある誤解にもFLOCブロックチェーン大学校の講師の赤澤さんが答えていきます。

タカシ

今年、「ステーブルコイン」って言葉をよく聞く気がするんだけど……。これと普通の仮想通貨って何が違うのかな?

赤澤講師

ステーブルコインは、価値が安定している暗号資産です。他の資産を価値の裏付けとして活かすことで、価値を安定させ貨幣として使いやすくしようとするものです。

タカシ

へー、お金っぽいんだね。

赤澤講師

2017年末に起こった仮想通貨バブルからも分かる通り、今のところ普通の仮想通貨は価値の変動が非常に大きくなります。しかし、これでは日常で利用する時に非常に不便ですよね。昨日1BTCで買えたものが、今日になると2BTCでないと買えないというようなことになりうる訳ですから。

タカシ

なるほど。どんなところで使われるの?

赤澤講師

ステーブルコインは、価値を安定させつつも、流動性を高める目的で使われることが多いです。例えば、決済サービスが代表的ですね。また、とても細かい金額にして決済するマイクロペイメントとして使われることもあります。IoT端末同士でマイクロペイメントによってやり取りすることで機器同士の連携を強めるという用途が考えられます。

タカシ

ふむふむ。ステーブルコインの裏付けになる「資産」って、どんなものがあるの?

赤澤講師

比較的価値が安定している資産が選ばれます。例えば、ドルや円などの法定通貨や石油や金といった地下資源などが代表的です。また、ビットコインやイーサリアムのような時価総額の大きな仮想通貨が選ばれることもあります。

タカシ

あれ、でもニュースでも何度も出てきたのは、そういう感じじゃなかったような……。

赤澤講師

そうですね。最近では、Facebookが発表したLibraが複数の法定通貨をまとめることで価値を安定させるバスケット方式という方法も話題になりました。

 

価格変動リスクが少ない仮想通貨(暗号資産)です。その価格が法定通貨(USドルなど)と連動するように設計されているのは上記のとおりです。ステーブルコインの価値を担保する方法としては、1. 法定通貨担保型、2. 仮想通貨担保型、3. 無担保型の3種類があります。

1. 法定通貨担保型

銀行や信託会社に保管される法定通貨を担保として発行されます。供給されているコインの総額と同額以上の現物資産が、発行会社の銀行口座や信託会社に保管されていることで、価格の安定化を実現しています。

2. 仮想通貨担保型

ブロックチェーン上にデポジット(預託)された仮想通貨を担保として発行されます。コインの発行にはスマートコントラクトが活用されています。 また、価格安定化のために、担保として預け入れる仮想通貨が発行されたコインよりも十分に多い状態を維持(余裕のある担保率を設定)する仕組みになっています。

3. 無担保型

供給量をアルゴリズムによって制御することで、担保なしで発行されます。 ステーブルコインの他にShareトークンが発行されており、コインの価格変動に応じて供給量を調整することで価格の安定化を図っています。

 

ブロックチェーンエンジニアでありベーシックコースやエンジニアコース等の講師も務める赤澤講師。
今更聞けない質問、専門的な質問などを講師に直接、質問したい方は、随時開催しているエンジニアのためのブロックチェーン入門セミナーへお越しください。


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
6,000人を超える方が参加した、ブロックチェーンを無料で100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わない、家で勉強したいという方にはWEB体験セミナーも行ってます。

多数のケーススタディが掲載されたブロックチェーンビジネス事例集がこちらから無料入手できます。

この記事の解説者

赤澤直樹

ブロックチェーンエンジニア、FLOCブロックチェーン大学校 認定講師

ベーシックコース エンジニアコース

ブロックチェーンエンジニア。フリーランスとしてシステム開発やAI開発、データ解析に従事する中で分散システム、特にブロックチェーン技術の奥深さに魅了される。教育を通じて、共に活躍できるブロックチェーンエンジニアを輩出するべく、株式会社FLOCに参画。講師や各種執筆、中上級者向けの新規教育コンテンツ制作に加え、広島大学大学院博士課程後期で研究活動も行う。

最新記事・限定情報を配信してます

関連記事

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。
無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンFLOC講師が解説!速報ブロックチェーンニュースソーシャルチェーンブロックチェーンエンジニアに質問してみようホワイトペーパー体験セミナー

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION