FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG

ビットコインの弱点克服を目指した通貨Tezos(テゾス/XTZ)とは?

スマートコントラクト機能を実装しているブロックチェーンプロジェクト「Tezos」(テゾス/XTZ)についてご紹介します

Tezos(テゾス/XTZ)とは?

Tezosは2017年7月にICOを行った、スマートコントラクト機能を実装しているブロックチェーンプロジェクトです。

ビジョンとしてはBitcoinやEthereumの欠点を解消したブロックチェーンを目指しています。ネイティブ通貨はXTZで、2019年8月28日時点で時価総額は17位で、ICO価格は約50円だったのでROIで見ると約2倍になった通貨で、最近、日本での活動を広げようとしています。

特徴1「ハードフォーク」

Tezosではハードフォークを起きにくく、古いチェーンと新しいチェーンの間での互換性を確保するために以下2つの特徴があります。

1.ネットワーク、トランザクション、コンセンサスの3つのプロトコルに分割
2.トークンホルダーによる投票によって、ハードフォークなどの実装を決定

3つのプロトコルに分割することで、3つのどこかで対立が発生しても変化が1つのプロトコルに留まることになり、分裂リスクを小さくしています。
オンチェーンガバナンス(トークンホルダー間での合意形成プロセス)を採用することで、方針の対立がコミュニティの分裂に至るリスクを小さくしています。

特徴2「Proof of Stakeの採用」

Tezosは、DPoSのように承認者の数をごく少数に絞りません。一定量のXTZを保持していれば、誰でもその保有量に比例したブロック発行権がランダムに与えられます。

ブロックを発行すると成功報酬を得られますが、Tezosの承認プロセスに参加するためのハードウェアなどの要件があり、 保証金も必要で、変なことをすると保証金は没収されてしまいます。
面倒を避けたい人は、他のマイナーにマイニング権を委任することができます。
Tezosは自分たちのコンセンサスアルゴリズムのことをLiquid Proof of Stake(LPoS)と呼んでいます。LPoSの採用によって、TPSは40前後を達成しています。

特徴3「スマートコントラクト」

Tezosはスマートコントラクトを実装しており、プログラム言語としてはOcaml(オーキャムル)を採用しています。
Ocamlはフランス国立情報学自動制御研究所によって開発された言語で、高速処理、バグが発生しにくいなどの特徴があります。

Tezosのスマートコントラクトでは形式検証(Formal Verification)ツールが用意されているので、スマートコントラクトのバグなどを見つけやすいです。

TezosのICOとその後の内紛/訴訟

2017年7月にICOを行い、当時最大の262億円を調達しました。

しかし、ICO後にTezos創設者で、知財をすべて管理しているキャスリーン、アーサー・ブライトマン夫妻と、ICOで集めた資金を管理しているTezos財団のヨハン・ゲーヴァース代表の間で内紛が起き、2017年末に予定していたトークンの配布が遅れ、開発が止まってしまいました。

これに対して、不信を募らせた投資家が訴訟を起こしましたが、2018年8月に請求が、ICO時にTezos側がトークン配布を約束していなかったからということで却下されました。

さらに、Tezosがアメリカに本社があり、アメリカ人に対してもICOを行っていたため、SECからの指摘や調査なども行われました。
しかし、2018年4月にはベータネットをローンチし、2018年9月にメインネットのローンチを行い、現在では当然トークンの配布までを行っています。

Tezos Japanの活動

Tezosは現在日本に拠点を置いて、活動しているプロジェクトの1つで、Tezos Japanのメンバー数は3人です。
現在、HashPort AccelaratorやHashHub、Cryptoeconomics Labなどとの提携や協力を行っています。6月にはTezosのハンズオンをHashHubで開催しています。

他のブロックチェーンとの比較

IOST Ethereum TRON EOS Tezos
TPS 968TPS 15~17TPS 748TPS 3,024TPS 40TPS前後
コンセンサスアルゴリズム PoB PoW DPoS DPoS LPoS
記録承認者数 17 6,449
(2019年6月1日時点のノード数)
27 21 制限なし
465
発行開始年月 2017年12月 2015年6月 2018年6月 2018年6月 2018年
発行枚数
(2019年6月1日時点)
12,013,965,609 106,303,899 99,281,283,754 1,013,954,475 801,312,599
プログラム言語 JavaScript Solidity Solidity
Java
C++ Ocaml
特徴 PoBによるスケーラビリティと非中央集権の両立 世界初のスマートコントラクトプラットフォーム 高速なTPS 高速なTPS より多くの人がブロック発行に参加
ハードフォークによる分裂リスクを最小化

FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
5,000人を超える方が参加した、無料でブロックチェーンを100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わないという方にはWEB受講も行ってます。

最新記事・限定情報を配信してます

関連記事

「ニュースレター」を無料購読しませんか?

ブロックチェーン関連の最新ニュースや話題のサービス事例などトレンド情報を定期配信します。

個人情報の取り扱いについて

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンホワイトペーパー体験セミナー動画でわかるブロックチェーンNEWS