サイトマップ
3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG
FLOCブロックチェーン大学校 > FLOC LOG > 3分でわかるブロックチェーン > 重大トラブルも未然に回避!航空業界×ブロックチェーンの活用事例を紹介!

重大トラブルも未然に回避!航空業界×ブロックチェーンの活用事例を紹介!

航空業界ではささいなミスが多くの人命をおびやかす重大トラブルへつながります。今回はそんな航空業界における、ブロックチェーンの活用事例を紹介します。航空業界はひとつの空港にも多くの企業が関わるため、ブロックチェーン技術を活用することで情報の共有が進んだり、コストカットが可能になります。

タカシ

航空業界にはブロックチェーンが活用できる余地がたくさんありそうだね

フロック博士

航空業界と一口に言っても空港をはじめ、多くの人が関与しておるからの。もしどれかにトラブルが発生したら、大きな問題になってしまう

タカシ

ブロックチェーンを活用することで、トラブルを未然に抑えることができそうだね

フロック博士

そうじゃとも。今回は航空業界におけるブロックチェーンの活用事例を紹介していくぞい

フライト情報を一元管理する「フライト・チェーン」プロジェクト

航空機は様々な理由で遅延や欠航をします。
空港で運航トラブルに見舞われた場合、空港のカウンターなどに問い合わせをして情報を集め、状況によっては振替便などの手続きをしなくてはなりません。

情報収集の手段には空港のカウンター、予約デスク、今ではアプリなどもあります。ですが実はこれらの手段によって得られる情報はみな同じでなく、時としてタイムラグが発生してしまうことがあるのです。

空港には空港のほか、航空機を乗り入れる航空会社やチケットを売る会社などがそれぞれ別のフォーマットの情報を持ち寄って共有しています。

これらの情報はセキュリティの観点から簡単にアクセスできないようになっているうえ、情報を扱う人が最新のものに同期できていないこともあるため、何かトラブルが起きたときに最新の情報をシェアできないことがあるのです。

航空会社は最新の情報をベースに顧客への対応を決定するので、もし情報に差があった場合充分な対応を受けられない恐れがあります。

この問題を解決するべく、SITA(国際航空情報通信機構)の研究機関「SITA Lab」がブロックチェーン技術を使ってフライト情報を一元管理する「フライト・チェーン」プロジェクトを立ち上げました。

フライト・チェーンはすべての関係者が共通して使うことのできる、一元化されたプラットフォームをブロックチェーン技術を使って提供します。

すべての関係者が同じデータを参照できるようになるため、常に最新の情報を共有することができます。乗客も情報のタイムラグで待遇に差がつくことがなくなるでしょう。
もし相反する情報が提供された場合には、スマートコントラクトを使って自動で対応します。

まだフライト・チェーンは実用化されていませんが、イギリスの航空会社British Airwaysやヒースロー空港、ジュネーブ空港などの世界的な国際空港がデータの提供を行っています。

今後は精度の高いシステムとユースケースの確立が大切になるでしょう。

改ざんできないプラットフォームでヒューマンエラーを防ぐ「Aeron」

航空事故は運航トラブルにつながるだけでなく、ときに数百人もの人命に関わるとても大きな問題です。

運輸安全委員会によると、2018年度に日本国内では12件の航空事故、および航空事故一歩手前の重大インシデントが発生しています。

そして実は事故の大半は、ヒューマンエラーに起因しています。

パイロットを養成するための航空学校では訓練記録を管理するための仕組みが不十分で、簡単に記録を偽造できてしまいます。訓練記録や自らの経歴を偽り、技術が伴っていないパイロットが事故を起こすこともあります。

また航空機の維持費用を抑えるために訓練時間を過小に申告し、実際よりも訓練時間の短いパイロットを輩出する訓練学校もあります。

更に悪質なケースだと、トラブルを起こしたときに経歴の詐称が明らかにならないよう、フライトログなどを改ざんしてしまうこともあるようです。
このように各種のログが容易に改ざんできる状態を解消し、ヒューマンエラーを防ぐことを目的に「Aeron」プロジェクトが立ち上げられました。

Aeronはブロックチェーン技術を活用し、重要なログを改ざん不可能なプラットフォームで管理します。悪意ある攻撃に対しても、マルチシグでセキュリティ面を確保しています。

航空会社は訓練学校のログを参考にできるため、訓練不足のパイロットを雇用するリスクが減ります。もし事故が起きても、ログは残るため原因究明も速やかに進みます。

航空燃料輸送のコストとリスクを抑える「AFSCシステム」

2018年8月、ロシアの航空会社S7 Airlineと航空燃料事業を営むGazprom Neftは、ブロックチェーン技術を活用して航空燃料を自動決済するAFSC(Aviation Fuel Smart Contracts)システムの開発と実装を発表しました。

AFSCシステムではまずあらかじめ航空会社が将来的に必要な航空燃料の量と費用をデータ化し、燃料会社へ送ります。

給油の日にはパイロットがシステムを通じて給油を申請し、システム上で銀行が資金を確保すると給油が行われ、完了すると即座に支払いが決済されます。
最後に航空会社と燃料会社へ給油の関する書類と会計書類が送られます。

AFSCシステムではこれらの手続きがすべてスマートコントラクトによって自動的に履行されるため、従来のように契約違反を防ぐために前払いなどを設定する必要はありません。

ブロックチェーンは第三者にも取引履歴が閲覧できるため透明性も確保され、セキュリティ面も万全です。AFSCシステムを導入することで、航空燃料輸送におけるコストとリスクの抑制に成功しているのです。

このAFSCシステムはロシアで初めてブロックチェーン技術を実用化した事例になります。

S7 AirlineはAFSCシステムに限らずブロックチェーン技術を活用した航空券販売代理店向けの相互決済サービスを導入するなど、ブロックチェーン技術を積極的に導入しています。

 

タカシ

多くの会社が集まって、それぞれ別々の方法で情報を出し合っている航空業界は、一元化されたプラットフォームを作れるブロックチェーン技術との相性がいいんだね

フロック博士

航空業界で扱う情報はワシたち乗客の生命にも関わるからこともあるからの。ブロックチェーン技術を利用してヒューマンエラーを防ぐ試みには注目しておきたいものじゃ

タカシ

どんな方法でも確実に最新の情報を受け取れるようになれば、旅先での航空トラブルにもうまく対応できるようにもなりそうだね

まとめ

航空業界は他の公共交通機関と違い、空港と飛行機を離発着させる航空会社、チケットの販売代理店まで、すべて異なる企業が担っています。

そのため企業によって情報量や情報の速度に差が生じ、何かトラブルがあったときに乗客が情報のタイムラグによって不利益を受けることがありました。

ブロックチェーン技術を活用して多くの企業が一元化されたプラットフォームを利用できるようになることで、すべての企業が常に最新の情報を得られるようになります。

また同じくプラットフォームを用意することで重大なトラブルのリスクを抑えられたり、複雑な契約が必要となる航空燃料のリスクやコストをカットすることも可能になります。

課題が多いからこそ、航空業界はブロックチェーン技術が広く受け入れられる可能性の大きい業界だと言えるでしょう。試験段階のプロジェクトもあるので、今後の取り組みには要注目です。


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
6,000人を超える方が参加した、ブロックチェーンを無料で100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わない、家で勉強したいという方にはWEB体験セミナーも行ってます。

多数のケーススタディが掲載されたブロックチェーンビジネス事例集がこちらから無料入手できます。

最新記事・限定情報を配信してます

関連記事

「ニュースレター」を無料購読しませんか?

ブロックチェーン関連の最新ニュースや話題のサービス事例などトレンド情報を定期配信します。

個人情報の取り扱いについて

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンFLOC講師が解説!速報ブロックチェーンニュースソーシャルチェーンホワイトペーパー体験セミナー

メディア掲載MEDIA