サイトマップ
3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG
FLOCブロックチェーン大学校 > FLOC LOG > 3分でわかるブロックチェーン > 事件後有名になった「ネム(NEM/XEM)」とはどんな仮想通貨なのか?

事件後有名になった「ネム(NEM/XEM)」とはどんな仮想通貨なのか?

今回はNEM(ネム)について取り上げます。この仮想通貨を買ったことがない皆さんもニュースなどで一度は耳にしたことがあるのではないしょうか?ハッキング事件からセキュリティー的に弱い通貨なんじゃないか?また仮想通貨そのものが危ないなんて思っている方も多いのではないでしょうか?仮想通貨の歴史の中でも1,2を争う大きな事件に巻き込まれたNEM(ネム)についてご紹介します。

ネム(NEM/XEM)とは?

ネム(NEM/XEM)とはNew Economic Movementを略した名前が付けられたプロジェクトで、Ethereumのような分散型アプリ用プラットフォームで、そのネットワーク上の通貨がXEMです。2019年5月8日現在1枚当たり約5円で、時価総額は22位となっています。発行枚数は899,999,999枚で、新規に発行されることはないです。日本だとCoinCheck、Zaif(現FISCO)などで購入することができます

ネム(NEM/XEM)の特徴

APIが充実していて開発しやすいと言われており、Proof of Importanceという新しいコンセンサスメカニズムを採用しています。また日本ではコミュニティが強く活発なのが特徴です。

誕生経緯

2014年1月21日にbitcointalk というブロックチェーン、仮想通貨専用の掲示板でutopianfutureという人物が新しいプロジェクトとして立ち上げたのがNEMの誕生です。
2014年にエアードロップとして、1500人限定で60万XEM(約300万円)を配るなどのマーケティングを行い、2015年3月からメインネットが稼働しています。

Proof of Importance

NEMはProof of Workでも、Proof of Stakeでもない新しいコンセンサスアルゴリズムであるProof of Importanceを始めて導入したブロックチェーンです。

Proof of ImportanceのためにNEMのアカウントステータスにはそのアカウントのImportance(重要度)が割り当てられており、その値は実行したトランザクションの数などによって変動するようになっています。これによって、ただ持っているだけの人ではなく、持っていて、かつネットワークを利用している人に手数料が渡るようにしています。

コンセンサスアルゴリズムの種類と比較

Proof of Work(PoW) Proof of Stake(PoS) Proof of Importance(PoI)
呼び方 マイニング ステーキング ハーベスト
参加条件 誰でも 保有者なら誰でも 10,000XEM以上保有
マイニング要因 計算リソース 保有枚数 保有枚数+活動量

 

コインチェック事件

2018年1月26日に日本の大手取引所CoinCheckから約580億円分のNEMがハッキングされていたことが判明しました。ハッキング当時はNEMの脆弱性が利用されたのかと言う話もありましたが、CoinCheckがホットウォレット(インターネットで接続できる状態)で、マルチシグを実装していなかったという管理体制が大きな原因だったことが後ほど判明しました。

カタパルト

NEMの時期大型アップデートは「カタパルト」と呼ばれており、2019年中に実施予定です。特徴としては、処理速度の向上、マルチレベルマルチシグ、アグリゲートトランザクションの3つです。

但し、カタパルトは元々2017年にベータ版をリリースする予定だったのが、2018年5月までコードがリリースされず、現状でもv0.3となっており、開発進捗の遅さが指摘されています。

まとめ

NEMはICOとか行わずにコミュニティの力でここまで成長してきたプロジェクトであり特に日本のコミュニティが強いです。またProof of Importance(PoI)という新しいコンセンサスアルゴリズムによって、ネットワークの利用に貢献する人により報酬が渡るようにしている特徴があります。

 


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
6,000人を超える方が参加した、ブロックチェーンを無料で100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わない、家で勉強したいという方にはWEB体験セミナーも行ってます。

多数のケーススタディが掲載されたブロックチェーンビジネス事例集がこちらから無料入手できます。

最新記事・限定情報を配信してます

関連記事

「ニュースレター」を無料購読しませんか?

ブロックチェーン関連の最新ニュースや話題のサービス事例などトレンド情報を定期配信します。

個人情報の取り扱いについて

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンFLOC講師が解説!速報ブロックチェーンニュースソーシャルチェーンブロックチェーンエンジニアに質問してみようホワイトペーパー体験セミナー

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION