FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG

ブロックチェーンがもたらす製造業への影響とは?活用事例をご紹介

仮想通貨の話題が上がる中で、ブロックチェーンの存在も注目され始めています。 ブロックチェーンの実用化を進めている業界の中でも、今回は「製造業」でどのようにブロックチェーンが導入されていくのかを解説していきます。

フロック博士

タカシは製造業の問題というとどんなことをイメージするかの

タカシ

ん〜そうだな〜。原材料とかの流通に関することかな。

フロック博士

そうじゃの。トレーサビリティも関わってくるの

タカシ

製造だから何かの部品とかの話も関わってくるよね?

フロック博士

いい視点じゃ。実際商品が出来上がる過程にブロックチェーンを利用しようと考えている企業は多いぞ。

タカシ

実際にどんなものが製造業で利用したり、検証実験が行われているのかな?

フロック博士

よし!今回はそこらへんを中心に紹介するぞ!

ブロックチェーンがもたらす製造業への影響とは

ブロックチェーンは実用性が問われる段階にまできており、様々な業界で活用することでその価値を発揮します。

様々な業界ですでに導入するために実験も行われており、実用化に向けた準備が進められていると言っても良いでしょう。

そんな中、ブロックチェーンは製造業にも価値を見出します。ブロックチェーンによって材料の確保や加工などの初歩的な段階から商品が完成した後の販売の記録まで、全ての過程を記録できます。

現代は消費社会の中で、商品に関する情報を調べる機会も多い時代です。商品の産地がどこなのか、環境に優しいのかなど関心を持っている項目が複数あります。

一方でこういった情報を秘密にしてしまうと消費者からの信頼を失ってしまうことにも繋がります。そういった意味では透明化・透明性が進んでいるブロックチェーンは製造業と相性が良い技術と言えるでしょう。

サプライチェーンは製造業を改善するために必須のことです。これによって製造業者の改善余地を見つけることができるかもしれません。

他にもブロックチェーンベースの製造業だと、著作権のデジタル管理やライセンス取引などもスムーズに行えたり、スマートコントラクトを活用して製造プロセスを自動化することが可能で、うまく扱えば製造業にかかるコストや手間なども短縮することができます。

製造業でのブロックチェーンの活用例

ワイン専用のプラットフォーム誕生

世界の4大会計事務所の1つであるアーンスト・アンド・ヤングの企業向けブロックチェーンが、一緒にプラットフォームを作成する相手として選んだのは、アジアを代表するワイン企業である「Wine Blockchain」です。

ワイン専用の独自のプラットフォームである「TATTOO Wine Platform」を導入することが明らかになり、ワイン業界の中でも管理や販売がワンステージ上にいくことになります。

アジア市場を中心としてヴィンテージワインを販売している「Wine Blockchain」は今回のTATTOO Wine Platformを導入することで、より広い意味での世界への事業拡大を狙っています。

そこで使用されるのがアーンスト・アンド・ヤングが企業向けに開発した「EY OpsChain」です。

これはサプライチェーン管理を簡素化して契約から物流、請求書発行、支払いまでを1連の流れを統合して設計されており、製造業やヘルスケアなどで活用される見込みがありました。

TATTOO Wine Platformはワインの流通に関わる生産者や物流業者などに関わるシステムやワインの産地や品質を追跡するためのブロックチェーン技術として構築されました。

このプラットフォームはブロックチェーンを基盤とする世界初の電子商取引プラットフォームでトレーサビリティーのみならずワインの注文なども可能となっています。

また、ワインボトルにQRコードを設置しており、そのQRコードを読み取るだけでワインに使用されているぶどうのぶどう畑の名前や場所など、詳細な情報なども調べることができます。

スマートコントラクト機能も導入しており、生産者や物流業者、保険業者の間の契約を分散的に管理し、ワインの製造に参加している人全てが情報共有できるものとなっています。

今後は、このプラットフォームを活用して、ワイナリーから直接ホテルやレストラン、カフェへと、さらにそこから消費者に向けてもワインを販売するようです。

これに加えて、スマートコントラクトの機能を活用して、ワイン投資家向けの顧客同士の売買を可能にすることなども検討しているようです。
参照)https://www.ey.com/en_gl/news/2019/05/ey-to-help-blockchain-wine-pte-ltd-build-blockchain-platform-for-wine-distributors-across-asia-and-worldwide

 

ブロックチェーンによる製造過程の情報取得の簡素化

ブロックチェーンが製造業のサプライチェーンへの関与が効果的なのは特に自動車の製造業を例にするとわかりやすいです。

自動車製造の各フェイズを見ていくとブロックチェーンを活用した場合、利便性が高くなることが一目瞭然です。

まず自動車を組み立てる部品を調達する際にブロックチェーンを使うと、各段階の部品在庫の情報などを共有することができます。共有情報もどんな部品が「どこに、どれくらいの数量を、誰が、どのように管理していたのか」まで正確に知ることができます。

偽装部品のチェックももちろん可能で、出荷情報の追跡なども実現することができます。

また、ブロックチェーンをオープンにすることで在庫状況や販売価格、製造技術なども共有しておき、買い手側に検索してもらい、取引を打診するという方法も可能になります。売り手と書い手の可能性を新しく広げることができるのブロックチェーンの技術の特徴です。

さらに製造過程で各部品の製造番号を紐づけておけばリコールや修理対象となった場合、欠陥部品を調べて、どの自動車に組み込まれているか、どの工場で作られているかなども追跡できます。

これによって作業時間や人件費の削減などもにも繋がります。この情報をIoTと連携させることでユーザーに劣化部品の交換や経年による障害を告知することができます。

参照)https://www.prnewswire.com/news-releases/hyundai-card–commercial-tap-ibm-to-accelerate-digital-transformation-300794754.html

 

 

タカシ

すでに開発が進んでいる企業も多いね

フロック博士

そうじゃの。販売まで担当する企業も出てきてより進歩したの!

タカシ

商品管理もブロックチェーンが導入されるだけで一貫して管理できるね

フロック博士

リコールなどトラブルにも透明化していることにより対応スピードが早いじゃろうな

タカシ

今後のことを考えると、ブロックチェーンの導入は待った無しだね


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
5,000人を超える方が参加した、無料でブロックチェーンを100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わないという方にはWEB受講も行ってます。

SNSで最新記事・限定情報を配信してます

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンホワイトペーパー体験セミナー動画でわかるブロックチェーンNEWS