FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG

コールドウォレットとは?仮想通貨を扱う上で知っておくべき特徴と注意点

以前ホットウォレットについて詳しく紹介しましたが、今回はその第二弾としましてコールドウォレットについて詳しくご紹介して行きたいと思います。 コールドウォレットと言っても様々な形態のコールドウォレットがあるため具体的にどのようなウォレットがあるのかも含めて紹介していければと思います。

フロック博士

ホットウォレットに続いて今回はコールドウォレットじゃ!コーヒーじゃないぞ!!

タカシ

博士!全然面白くないよ!!

フロック博士

タカシがホットウォレットの時に言ったんじゃろうが!!まぁ良い。コールドウォレットとはインターネットから隔離されたオフライン上で管理することを言うのじゃが、その管理方法は色々とあるのじゃ。今回はその点についても触れて行くとするかの。。

タカシ

コールドウォレットにも紙に書いたものだったり、USBタイプだったり色々あるんだっけ?その点も詳しくお願い!

コールドウォレットとは

以前こちらで解説したホットウォレットに対して、完全にネットワーク上から隔離された状況、つまりオフライン状況で資産を管理するウォレットをコールドウォレットと呼びます。
反対にホットウォレットとは、ネットワーク上に晒されたウォレットを指します。
セキュリティ面ではコールドウォレットの方が圧倒的にセキュアである一方で、コールドウォレットが一度ホット化させる必要があるため利便性はホットウォレットに比べると少し手間がかかる点が特徴です。

コールドウォレットの種類

コールドウォレットにも様々な種類のウォレットがありますが、ここでは代表的な2つのコールドウォレットをご紹介したいと思います。

ペーパーウォレット

昔から使われているコールドウォレットの一つとしてペーパーウォレットというものがあります。
これは、紙に秘密鍵を印刷し、金庫や他の保管庫で、つまりオフラインで保管する代表的かつ原始的なウォレットです。

紙媒体なので火や水に弱く、また日の当たるところで保管しておくと印刷が焼けて薄くなってしまい紙に記載されたQRコードが読み取れなくなってしまうこともありますので、保管する場所が重要になってきます。

ハードウェアウォレット

TREZORなどのUSBタイプのハードウェアウォレットがあります。これは実際のハードウェアに仮想通貨を保管する仕組みです。

最近では耐火性・耐水性のあるハードウェアウォレットもありますが、デバイス自体を紛失してしまうと取り出すことができなくなってしまうため、ペーパーウォレットと同様に金庫やその他保管庫にしっかりと保管しておく必要があります。

必要なときにソフトウェアウォレットに資産を移動させることができるため、普段使わない仮想通貨はハードウェアウォレットに保管しておくことをお勧めします。

コールドウォレットを利用するうえでの注意点

ここではコールドウォレットを利用するうえでの注意点を幾つかご紹介していきたいと思います。

無暗にオンライン化させない

幾ら入っているかな?とむやみやたらとオンライン化させて確認することはやめましょう。
一度オンライン化させてしまうと、二度とコールドウォレットとしての機能が無くなり再度コールド化させる必要が出てきてしまいます。

また、それを忘れて放置しておくとハッキング被害にあってしまう恐れもありますので、どのコールドウォレットにどれぐらい入れたかはしっかりと把握できるようにしておく必要があります。

特にペーパーウォレットの場合、外部からはただのQRコードなのでいくら入っているなど確認する手段がありませんのでご注意ください。

しっかりとした場所に保管する

コールド化させればひとまず安心・安全ですが、物理的に紛失してしまうと元も子もありません。
したがって、必ず普段誰も手や目に触れることのない場所でしっかりと保管しておくことをお勧めします。

ハードウェアウォレットの場合、取り出すまでにセキュリティコードが必要なものもありますが、ペーパーウォレットは一度読み込まれてしまうと簡単に取り出されてしまいます。
また、嫌がらせ目的で盗難する人も出て来るかもしれないのでしっかりとした場所で保管するようにしてください。

全資産を同じコールドウォレットに入れない

特にペーパーウォレットでは、全部引き出すか、全部保管するかの二者択一になります。
したがって、一つのペーパーウォレットに10BTCなどの高額な数量を保管するのではなく、1BTCずつ10枚に分けてペーパーウォレットでコールド化させるなど工夫が必要になります。

紛失時にも損失が最大化してしまうため、そういった被害を抑えるためにも分散化させて保管することをお勧めします。

まとめ

コールドウォレットにすればもう安心!と思っていても、物理的なウォレットにはまた別の弊害があります。

ハッキングの被害は無くなったとしても盗難被害の可能性は無くなることはありません。したがって、コールド化させるだけでなく、それを管理する意識や実際の保管場所なども重要になってきます。

こういったことを念頭に置きながらコールドウォレットを上手く活用し、ハッキングの被害を最小限に抑えつつ、盗難被害に対してもしっかりとした意識を持ち、管理・運用していくことが重要です。
また、利便性と安全性はトレードオフの関係にあるため、普段使う仮想通貨の数量はホットウォレットで管理し、それ以外の資産はコールドウォレットでかつ分散化させて管理するといった徹底した管理を意識するように心がけてください。

 

フロック博士

どうじゃったかタカシや。コールドウォレットについて少しは理解できたじゃろうか?

タカシ

はい!コールドウォレットの重要性について凄く理解出来ました!

フロック博士

それは良かった。説明した甲斐があったわい。で、何が分かったんじゃ?ちょっと説明してみなさい。

タカシ

ええっと。。大事な点は仮想通貨に対する意識の持ち方と手間を惜しまないこと。気軽さゆえに、面倒なことを省きたくなるけど、仮想通貨も立派な資産だと思えば日本円と同様な管理方法を取るべき感じたよ!

フロック博士

その通りじゃ!仮想通貨も立派な資産じゃ。
一つの銀行に全資産を預ける人間などおらんじゃろう!また、全資産をタンスに入れて保管する人もおらんじゃろう!それと同じじゃ!手間を惜しまずにしっかりとコールドウォレットで管理することが大切なのじゃ。理解してもらえて嬉しいぞい!

FLOCブロックチェーン大学校は、最短3ヶ月でゼロから第一線で活躍できる人材になるためのブロックチェーン総合スクールです。
第一線で活躍している講師陣による実践的な知識や技術を学び、ブロックチェーンビジネスパーソンやエンジニア人材を目指します。
5,000人を超える方が参加したブロックチェーンをわかりやすくゼロから学ぶ、100分「無料体験セミナー」も開催しています。

最新記事・限定情報をSNSで配信中♪

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンホワイトペーパー体験セミナー動画でわかるブロックチェーンNEWS