FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG

音楽業界を救え!音楽配信からイベント運営の最先端。ブロックチェーンの活用事例

ブロックチェーンの課題はその実用性です。実用性が高くなればブロックチェーンの技術に価値を見出して仮想通貨を購入する人も増えてくるでしょう。 ブロックチェーン業界では実用性を高めるために様々なジャンルの業界でブロックチェーンの技術が運用できるようにチャレンジしています。 そこで今回は音楽業界にブロックチェーンがどう影響してきているのかを紹介します。

フロック博士

今日は音楽業界に影響を与えるブロックチェーンについて話をするぞ

タカシ

ブロックチェーンと音楽なんて関係あるの?

フロック博士

CDやグッズを購入しても当然じゃがアーティストに直接支払われるわけではなく、レーベルなど第三機関を通すため収入が少ないというのが問題になっとるんじゃ

タカシ

なるほど。それをブロックチェーンで解決できるの?

フロック博士

そうなんじゃ。アーティストがそのままお金をもらえる仕組みが可能になってくる

タカシ

そんなことが可能なんだね!でもどうやって・・?

フロック博士

よし早速説明するぞ!

ブロックチェーンは音楽業界をどう救う?

現代社会ではスマートフォンの普及によって、「ストリーミング再生」か「ダウンロード」の形で音楽が聴かれることが増えました。
最近では大手の動画配信サイトである「YouTube」までもが音楽配信サービスを開始しており、実際にCDを購入して音楽を聴くという人が少なくなってきています。
一方でネット上で無断で音楽を公開しているサイトなどもあり、これらはアーティストの収入に対して危険視されている問題です。

違法な音楽のアップデートは毎日行われており、手が付けられないような状態なので解決策を考えなければいけませんでした。そんな解決策として上がってきたのがブロックチェーンの存在です。
まず、ブロックチェーン技術であるスマートコントラクトを活用すれば、消費者が楽曲を購入する際に必要なデータを自動的に記録して保管することができます。
ブロックチェーン上には楽曲の製作者や権利者情報なども記録することができて、音楽を購入したユーザーのみが視聴することができるようになります。それ以外にも必要に応じて制限を儲けることができて、違法音楽の根絶に一役買うようになるでしょう。

また、ブロックチェーンを活用することでアーティストを応援するファンがアーティストに対して直接支払いができるようにもなります。ファンにとっては好きなアーティストを直接支援できるというのは嬉しいシステムです。

ブロックチェーン上に構築されたプラットフォーム上に直接自分の作品をアップロードするだけでファンの人が最新の作品をチェックすることができます。このプラットフォーム上で個人で活動しているまだ有名ではないアーティストなどもこのプラットフォーム上で発掘することができます。

ブロックチェーンである以上、仮想通貨が関わってくることになるのですが、ファンの方も仮想通貨をもらえるようなサービスも考えられています。アーティストが作った作品に対する感想や評価を投稿するだけで仮想通貨の報酬を受け取ることができるというコミュニティサービスなどもあります。ファン同士の交流が深まるようなコミュニティなども存在するので、業界全体が盛り上がっていくことが期待されています。

音楽業界のブロックチェーン活用事例

音楽ストリーミング・デジタル決済エコシステム「Choon」

ブロックチェーンとなると、まだまだ音楽業界には進出できていないという印象を抱いている人も多いかと思いますが、実はサービスの開発はどんどん進んでいます。「Choon」と呼ばれるサービスはブロックチェーン技術を活用して「音楽ストリーミングプラットフォーム」と「デジタル決済エコシステム」を提供しています。

ブロックチェーン技術を用いて様々なサービスを導入しており、上記でも挙げたようなサービスを実現しています。アーティストとファンの仲介業者を除くことで必要だった手数料を完全に排除できます。
基本的に「Choon」が挙げている課題解決は「マージンの排除」「透明性の向上」「契約の単純化」「リスナーと共に音楽業界を盛り上げる」です。これらの課題をブロックチェーン技術を活用して解決することが「Choon」の目的となっています。
すでに本格的に運用されており、公式サイトから活用することも可能です。日本人のアーティストはまだ少ないため、日本人が本格的に活用するのはまだ先になりそうです。

分散型音楽フェスティバル「Our Music Festivals」

「Our Music Festivals」はブロックチェーン技術や仮想通貨を取り入れた「分散型音楽フェスティバル」を提供しています。
このプロジェクトではイベント全体が仮想通貨やブロックチェーン技術を活用しており、イベント会場で実際に利用することができ、イベントに関する取引は全て独自のトークンで行なっています。

チケット購入者はブロックチェーン上に入場権を付与することで、自身が所有する端末で証明する仕組みとなるので、正規の売買でしかチケットを購入することができなくなります。
つまり、不正な偽装や転売を抑止することが可能となります。チケットの偽造や転売を防ぐことができるので、最近問題になっている異常な価格での転売を防ぐことができます。
すでにこういったチケットの偽装や転売を防ぐ技術の開発は進んでおり、ブロックチェーンを活用したチケットの売買が行われる日も近いかもしれません。

有名DJやアーティストがこのプロジェクトに賛同しており、日本やスペインでのイベント開催も視野に入れているようです。

他にも大手のソニーがブロックチェーン技術で権利情報の保存や処理をするシステムを開発を発表してます。
これからも音楽業界の様々なシーンでムーブメントを起こす可能性があることは間違いありません。

 

タカシ

音楽業界でのブロックチェーン技術の活用って進んでいるんだね

フロック博士

うむ。アーティストだけでなくリスナーやイベント運営者にも恩恵はありそうじゃの

タカシ

ブロックチェーン技術が音楽業界の問題の解決を助けてくれる可能性があるなんて思わなかった。。

フロック博士

そうじゃの、しかしまだこういったサービスや仕組みを知っている人が少ないのが現状なので、まずはアーティストが利用し始めることが認知を広める一歩かもしれんの


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
5,000人を超える方が参加した、無料でブロックチェーンを100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わないという方にはWEB受講も行ってます。

最新記事・限定情報を配信してます

関連記事

「ニュースレター」を無料購読しませんか?

ブロックチェーン関連の最新ニュースや話題のサービス事例などトレンド情報を定期配信します。

個人情報の取り扱いについて

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンFLOC講師が解説!速報ブロックチェーンニュースホワイトペーパー体験セミナー