FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG

透明性が低い?プライベートチェーンのメリット・デメリットを解説

以前紹介したパブリックチェーンと対となるプライベートチェーンの特徴やメリット・デメリットについても解説します。 プライベートチェーンは規定された管理者が存在しており、管理者によってルールが決められたブロックチェーンです。

タカシ

プライベートチェーンはパブリックチェーンとは対となる存在なんだね。

フロック博士

そうじゃの。似たような存在としてコンソーシアムチェーンがあるのじゃ!

タカシ

けど、管理者が存在するのってブロックチェーンとは言い難いんじゃない?

フロック博士

そうでもないぞ、それぞれメリットがあり、管理をきちんとすれば機能するのじゃ。

タカシ

じゃあ管理の仕方が重要になりそうだね。

プライベートチェーンのメリット

パブリックチェーンにメリットがあったようにプライベートチェーンにもメリットが存在します。まずはプライベートチェーンに関するメリットから紹介します。

ブロック承認のスピードが早い

プライベートチェーンは取引の承認を誰でも行えるというわけではなく、特定の誰かが代表して行なっています。管理者がこの取引承認するにしても特定の誰かを理解しているので、その人自体を認知しています。

プライベートチェーンに似ているコンソーシアムチェーンに関しても、同様のことが言えて参加するノードの数と参加者であるノードが信頼できることは確定しています。

したがって、ノードのデータをチェックすれば取引の承認に時間がかかることはありません。

情報の共有内容と範囲を限定できる

プライベートチェーンはネットワークの参加者を制限できるため、情報を公開する範囲を限定できます。

参加者が閲覧できる情報の内容をノードの権限に応じて設計も可能なので、情報の秘匿性をコントロールできます。

プライベートチェーンは取引の承認ルールに関しても管理者の判断で変更可能なので、ブロックチェーン開発を柔軟に進めることが可能です。一方で、コンソーシアムチェーンは管理者が複数存在するので、それぞれの協議が必要です。

しかし、パブリックチェーンよりも柔軟にブロックチェーンを変更することが可能です。

インセンティブが不要

パブリックチェーンにはマイニング報酬という概念が存在します。マイニングを成功させたマイナーは報酬を獲得することができて、これ目当てでマイニングを行なっているマイナーも多いでしょう。

しかし、プライベートチェーンやコンソーシアムチェーンは管理者が許可しなければ、そもそもネットワーク自体に参加できません。
そのため、ネットワークの参加者は信頼できる人物ですし、悪意のあるノードを防ぐことができます。

これによって取引の承認ルールも複雑にする必要がなく、マイニング報酬のようなインセンティブを用意する必要もありません。また、ネットワークに参加する人は基本的に管理者に同意して入ってくるので、報酬欲しさに入ってくるわけではありません。

プライベートチェーンのデメリット

続いてはプライベートチェーンのデメリットについて紹介します。こちらは対となるパブリックチェーンのメリットとなっているようなものが挙げられます。

透明性・公共性が低い

まず、透明性や公共性が低いことが挙げられます。ネットワークを管理している管理者がいる以上、取引データなどの変更権限は管理者にあります。つまり、管理者が思うようにコントロールすることも可能だということです。

悪い管理者によって、データが改ざんされてしまう可能性もあるため、透明性や公共性は低いネットワークとなっています。そのため、管理者への信頼というものがパブリックチェーンよりも大切です。

ある意味でブロックチェーンの機能性を失っていて、本来の意義をなしていないという意見も存在します。

コンソーシアムチェーンは管理者が複数存在するので、一人の管理者の意見でデータの変更を行うことは不可能です。そのため、プライベートチェーンよりは透明性や公共性が高い存在です。
しかし、パブリックチェーンよりは低いので、こういったセキュリティのことを考慮するとパブリックチェーンが最も強いでしょう。

安全性・可用性の問題

プライベートチェーンやコンソーシアムチェーンに関しては、取引を承認するためには管理者の認識が必要となります。

したがって、パブリックチェーンと比較した際にはノードがシステムダウンを引き起こしてしまうリスクが高く、システムが継続して稼働できる能力が備わっているとは言い切れません。

また、ネットワークの安全性もプライベートチェーンを運用する企業や組織に依存してしまいます。そのため、誰が運用しているネットワークなのかという点にも注目しなければいけません。

これはコンソーシアムチェーンでも同様のことが言えます。どんな組織が集まって運用しているネットワークなのかという点にも注目が集まります。

可用性に関してはプライベートチェーンもコンソーシアムチェーンも100%とは言いがたい状況です。

コンソーシアムチェーンはプライベートチェーンよりも可用性が高いですが、政府の規制やサイバー攻撃を受けてしまうと、システムの運営が困難になる可能性もあります。

それぞれのブロックチェーンの形態によって、メリットやデメリットが存在します。そのため、ブロックチェーンのビジネスを行う際などはどのブロックチェーンを採用すればうまく動作するのかなどをチェックしておく必要があります。

 

タカシ

限られた範囲内でブロックチェーンを活用したい人にはプライベートチェーンが合ってるね。

フロック博士

そういった意味では使い勝手は良いかもしれないが、可用性が100%ではないのじゃ

タカシ

管理者や管理している組織によってはネットワークが終わってしまうかもね。

フロック博士

信用に関しては誰も担保してはくれないから、自分で判断してネットワークに参加するしかないの!

タカシ

ネットワークのリテラシーが大事になってくることは間違いないね!


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
5,000人を超える方が参加した、無料でブロックチェーンを100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わないという方にはWEB受講も行ってます。

最新記事・限定情報を配信してます

関連記事

「ニュースレター」を無料購読しませんか?

ブロックチェーン関連の最新ニュースや話題のサービス事例などトレンド情報を定期配信します。

個人情報の取り扱いについて

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンホワイトペーパー体験セミナー動画でわかるブロックチェーンNEWS