サイトマップ
3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG
FLOCブロックチェーン大学校 > FLOC LOG > 3分でわかるブロックチェーン > 【基礎】ブロックチェーンの3つの型の特徴について解説

【基礎】ブロックチェーンの3つの型の特徴について解説

ブロックチェーンと一言で言っても様々なブロックチェーンがあります。大きく分けると3つの型に分類することができます。今回はこのブロックチェーンの3つの型について解説します。

フロック博士

今日はブロックチェーンの型の違いについて話をするぞ

タカシ

ブロックチェーンに種類なんてあるの?

フロック博士

大きく分けて3つの型があって、特徴が違うから3つとも把握している必要があるぞ

タカシ

そうなんだね。一つづつ理解するよ!

ブロックチェーンの3つの型

ブロックチェーンと一言で言っても様々なブロックチェーンがあります。また、分類方法も「ネットワークの権限管理」、「参加者同士の信頼関係の有無」、「ネットワークの公開範囲」などいくつかの観点で分類することができます。今回は、「ネットワークの公開範囲」という観点で分類します。
ネットワークの公開範囲という観点で分類すると、3つに分類することができます。

パブリックチェーン

まずパブリックブロックチェーンですが、ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨と呼ばれるモノのほとんどがパブリックブロックチェーンです。

特徴は、誰でも参加できるネットワークで、管理者が存在しない点です。また、取引が全て公開されており透明性が高い点です。

一般的には誰かの意思でルールを勝手に変えることはできず、参加者の一定数以上の合意がなされた場合にルールが変わります。ただし、参加者が非常に多いため一定数以上の合意を勝ち取るまでに何カ月も時間を要することもあります。

コンソーシアムチェーン

次にコンソーシアムチェーンは、管理主体がいるブロックチェーンの1つで、管理主体が複数の企業や組織から成る、パブリックチェーンとプライベートチェーンの中間に位置するブロックチェーンを指します。

代表的な仮想通貨はリップルです。リップルでは法定通貨の送金のブリッジ通貨として活用したい銀行や送金業者の中でリップル社から選ばれた企業がコンソーシアムを組んで承認者として活動しています。

コンソーシアムチェーンの位置付け

合意形成に関してもパブリックよりは参加者が少ないためスピードは保ちながらもプライベートのように勝手に単独でルールを書き換えることが出来ず、一定数以上の合意形成が必要となってくるため透明性もパブリックには劣りますが、ある程度担保することができます。

また、セキュリティに関しても単独企業の運営に任せるわけではなく、複数の企業がそれぞれセキュリティ対策を講じるため、プライベートよりもセキュアなシステムを構築することができます。

 

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、管理者が存在し、ネットワークに参加するためには管理者の許可が必要なブロックチェーンです。

特定の用途のために活用する場合によく使われる方式ですが、実際には内部構造を外部から把握することができないためセキュリティ面においてはプライベートチェーンを運営する企業の運営に依るところが大きくなるので、パブリックチェーンに比べると透明性・公共性が低く、中央集権的な要素が含まれております。

大別して3つの型を紹介いたしましたが、コンソーシアムチェーンとプライベートチェーンは合意者が単独か複数かの違いなだけで、他の要素は基本的に同じとなります。

 

パブリックチェーンとプライベートチェーンは、特徴やメリット・デメリットが非常に対照的な構造になっています。処理が遅い、早い。合意形成を取るのが難しい、簡単。それから改ざんができにくい、しやすい。透明性が高い、低い、となっております。

特長の違う複数のブロックチェーンが存在するのは理解いただけたと思います。
では結局どれを使うのがいいのでしょうか?
FLOCブロックチェーン大学校では、もっとサービスやビジネスに落としこんだ際にどれが向いているのかなど事例を使って解説しています。もっと詳しく学びたい方はまずブロックチェーン全体の概要を解説する無料体験セミナーを受講してみてください。

 

タカシ

ん〜なんとなくわかったけど、結局どれがいいんだろ?管理されたほうがいいような気もするんだけど・・

フロック博士

そうとも限らんぞ。管理者がいるって事は、一部の特権を持った人が悪用するケースだってあるんじゃ。

タカシ

そうか、管理者がいなくて全て公開されているってことは、参加者みんなが平等ってことなのか!

フロック博士

そうじゃな。でもどの型も良し悪しがあるからどれが良いとかではないんじゃ!
自分が何をしたいかで、やりたいことがパブリックチェーンが良いのか、プライベートチェーンが良いのかを考える必要があるの。

まとめ

博士の言う通りパブリックチェーンが優れており、プライベートチェーンが劣っているというわけではなく、それぞれにメリット・デメリットが存在します。それらの特徴を把握しておくことで適切な使い分けがなされているか否かが重要になります。
また別の機会に、各々のメリット・デメリットを掘り下げて解説します。


FLOCブロックチェーン大学校は、第一線で活躍する講師陣から体系的かつ実践的な知識や技術を学び、最短3ヶ月でビジネスパーソンやエンジニアとして活躍できるブロックチェーン総合スクールです。
6,000人を超える方が参加した、ブロックチェーンを無料で100分で学ぶ「無料体験セミナー」も随時開催しています。
遠方で参加できない、日程が合わない、家で勉強したいという方にはWEB体験セミナーも行ってます。

多数のケーススタディが掲載されたブロックチェーンビジネス事例集がこちらから無料入手できます。

最新記事・限定情報を配信してます

関連記事

「ニュースレター」を無料購読しませんか?

ブロックチェーン関連の最新ニュースや話題のサービス事例などトレンド情報を定期配信します。

個人情報の取り扱いについて

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンFLOC講師が解説!速報ブロックチェーンニュースソーシャルチェーンブロックチェーンエンジニアに質問してみようホワイトペーパー体験セミナー

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION