FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験コース

3分でわかるブロックチェーン FLOC LOG

【入門】ブロックチェーン[Blockchain]とは何か?仕組みや特徴を図解

仮想通貨への関心が高まっていると共に、その基礎技術であるブロックチェーンにも注目が集まっています。この「3分でわかるブロックチェーン」では、ブロックチェーンとはどんな技術や仕組みで何ができるのかを、図解などもしながら分かりやすく説明します。

タカシ

博士!最近ブロックチェーンっていう言葉をよく聞くんだけど何?最近気になるんだよね。

フロック博士

お!よくその言葉知っているね。ブロックチェーンはビットコインなど仮想通貨の基礎技術にもなっている最先端のテクノロジーなんじゃ。インターネット以来の「情報技術革命」といわれているんだ。

タカシ

んん??情報技術、、革命?よくわからないけど、すごそうだね・・・。そんなにすごい技術なの??

フロック博士

うーん、そうじゃの。ブロックチェーンにはいくつかの特徴的な仕組みがあるので、初心者のタカシくんに向けて分かりやすく解説してみよう

タカシ

博士ありがとう!僕でも理解できるように分かりやすくお願いします!

ブロックチェーンの基本構造

下記のイメージ図はビットコインの例ですが、「取引データ」をブロックという固まりにまとめたものです。
複数の「取引データ」が一つの箱にまとまったものを「ブロック」といい、このブロックが「チェーン」のように途切れずに、いくつもつながっています。こういうデータ構造を「ブロックチェーン」といいます。

ブロックの基本構造

ブロックチェーンには様々な特徴やバリエーションがありますが、基本的には、このような「データ構造」を「ブロックチェーン」といいます。

ブロックチェーンの特徴は何か?

ブロックチェーンの特徴をひとことでいうと、「変更、削除、改ざんができない、ダウンすることのない、正しい取引のみが記録されるネットワーク共有型のデータベース」ということができます。

特徴1 デジタルデータの変更、削除、改ざんができない

すべての記録が時系列にチェーン状につながっているため、過去の記録を少しでも変えると、それ以降のブロックと整合が取れずにエラーが発生する仕組みになっています。

改ざんされたブロックは、不正なデータとしてネットワークを構成するコンピュータに認識され、破棄されるため、データの改ざんができないのです。

なお、ブロックチェーンに記録できる「取引データ」は、お金のやりとりだけではなく、証券や債権、公的な証明情報など、文字として表現できるものであれば、基本的にはなんでも記録できます。

 

特徴2 ダウンすることがない

ビットコインの例でいうと、ビットコインのブロックチェーンは2009年から始まって9年以上経っていますが、ネットワークがダウンしたことはありません。あるサービスを使っていると、よく「日曜日の深夜3時から4時の間、1時間メンテナンスのために停止します」ということがあります。

現在のほとんどのサービスで採用されている中央集権型のネットワークでは、サービスを提供するサーバにアクセスが集中したり、物理的にサーバが壊れたりしてしまうと、システム全体が停止してしまいます。

ところが、ブロックチェーンは複数のコンピュータから構成されていて、取引の記録をその複数のコンピュータが同時に管理しているので、仮に一部のネットワークが壊れたとしても、2つ以上のコンピュータが稼働していれば、問題なくシステムは稼働し続けます。

これまでのような中央集権型のネットワークでは、ダウンしないで稼働し続けるというのは難しかったのですが、ブロックチェーンを使った仕組みなら実現できるわけです。

ブロックチェーンが可能にすることは何か?

ブロックチェーンはインターネット以来の「情報技術革新」といわれますが、次の点において、これまでインターネットではできなかったことを可能にします。

中央集権に頼らないネットワークを可能にする

先ほどもお伝えしたとおり、これまでのサービスは、下記のような中央集権型のネットワークによって管理されていました。

中央集権でのネットワーク管理

なぜかというと、例えばインターネット上で経済的なやりとりをしようとした場合、相手の顔が見えないため、それが本当にきちんとした相手なのかどうか分かりません。大手銀行や有名なショッピングサイトだと思ってよくよくみたら名前が1文字違っていた、みたいなフィッシングサイトがよくあります。

相手が誰か分からない、信用できない相手と直接取引するのは怖いことです。そのため相手との間に信頼できる第三者を入れて、その第三者が中央で集中的に取引を管理することで、安心して取引ができるようにしていました。

今までは、ほとんどがこういう構造でした。

ところが、ブロックチェーンは、変更、削除、改ざんされない仕組みでデータを記録し、それを複数のコンピュータが管理しているので、そのデータが正確であるということが証明されれば、もう相手が誰であろうと取引するのが怖くなくなります。

ですから、今までのように信頼できる第三者が入らなくても、個人対個人で直接取引ができるようになるでのす。このようなことは、これまでのインターネットでは不可能だったため、技術としてとても大きな進歩ということができます。

トラストレスな社会を実現する

こういうことが可能になると、相手が誰であろうと関係ない、信用や安全性を保証する第三者がいなくても大丈夫という社会になります。それを「トラストレス」といいます。

そうなるととても便利になります。相手がどういう人なのか? 信頼できるのか?をいちいち確認する必要がありません。そのデータを信頼できれば、さまざまな取引ができるようになるのです。

現在の第三者による中央管理がいくら信用できるものであっても、一ヶ所に集中していると、個人情報の流出や不正利用、データの改ざんというのが起こりますが、ブロックチェーンはこのような仕組みや機能があるため、そういった心配もなくなります。
つまり、ブロックチェーンによって社会の「信頼」「信用」の仕方が変わるのです。

低コストを実現する

今のほとんどのサービスは、中央集権でのネットワーク管理を採用しているので、データの管理は、中央の方たちがみなさんきちんと管理している、ということになります。こういう人たちによって、みなさんの売上やお金はしっかり管理されているわけです。

一方で、例えば銀行は「送金するからATMを使うのに100円を支払ってください」といいます。なぜかというと、「そのデータを私たちがきちんと管理しますから、その管理料を徴収します」ということなのです。

ところが、下記のようなブロックチェーンによるネットワーク共有型になると、誰も管理せずに動いているので、管理料を支払う必要がありません。これは利用者にとって非常に大きな経済的メリットがあるといえるでしょう。

ブロックチェーンによるネットワーク共有

高スピードを可能にする

そして、高スピードも可能になります。

国際送金の例でいうと、通常、国際送金というのは中継機関をはさんで、送金データの受け渡しをしています。遅いものだと着金に1週間くらいかかってしまいます。国際送金はとても時間がかかるものなのです。しかもその中継機関を使うことで、やはり手数料のコストが非常に高くついてしまう仕組みなのです。

ところが、ブロックチェーンによるデータのやり取りが可能になると、中継機関を経由することなく送金ができるので、安く速くお金が到着するわけです。

遅いといわれているビットコインですら約10分で到着しますので、これまでの1週間に比べれば、はるかに速くといえます。これも利用者にとっては大きなメリットとなります。

まとめ

さて今回は、ブロックチェーンの基本的な構造や特徴などについてご紹介しました。これまでのインターネットでは難しかったことを実現するブロックチェーン、その可能性を感じていただけましたでしょうか?
今後も、ブロックチェーン初心者の方に向けた分かりやすい記事をお届けしたいと思います。

最新記事・限定情報をSNSで配信中♪

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。

こんな方に
オススメ
  • 知識ゼロから体系的な知識を身につけたい
  • ブロックチェーンの技術を生かしてビジネスを展開、起業したい
  • 技術者として活躍したい、Fintech業界で活躍したい


無料体験コースは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験コースを確認する

FLOC LOG カテゴリー

3分でわかるブロックチェーンホワイトペーパー動画でわかるブロックチェーンNEWS