ブロックチェーン関連の用語集

SPV

simplified payment verificationの略称で、容量が軽いノードのこと。フルノードではブロックチェーンの全データをダウンロードしてトランザクションの検証作業を行うが、SPVではブロックのヘッダのみをダウンロードする。容量が軽いために短時間で検証作業が終了する。軽量ノード、簡易ノードとも呼ばれる。
スマートフォンやタブレット等で使用されているビットコインウォレットは、このSPV方式を採用している。

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。