ブロックチェーン関連の用語集

RIPEMD-160

RIPEMD(RACE Integrity Primitives Evaluation Message Digest)とは暗号学的ハッシュ関数のこと。そのハッシュ関数の一つが「RIPEMD-160」。
ビットコインでは、さまざまな場面でハッシュが用いられているが、そのほとんどでSHA-256を2回適用している。より短いハッシュ値を出力したい場合には、RIPEMD-160が用いられる

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。