FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

ブロックチェーン用語集 GLOSSARY

P2P(ピアツーピア)

読み方ピーツーピー

ネットワークに接続された複数のコンピュータのうち、任意の1対1の端末が互いに直接通信し合う技術のこと。これを利用して集合体のように動作するネットワークシステムのことをP2Pネットワークと呼ぶ。
P2Pの端末(Peer)は、一般的なPCでもよく、それをノード(Node)と呼ぶこともある。P2Pはかつてファイル共有ソフトなどで有名になったが、近年では仮想通貨の技術の一つとして注目されている。ビットコインでは、P2P方式によりデータ交換を実現している。


関連記事

P2P(ピアツーピア)ネットワークの仕組みと強み・弱み

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。
無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する