FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験コース

ブロックチェーン関連の用語集 GLOSSARY

離散対数問題

読み方りさんたいすうもんだい

ビットコインをはじめとしたブロックチェーンの公開鍵暗号に使われる高度なアルゴリズムに「楕円曲線暗号」がある。楕円曲線暗号を解く際に扱う数学的に複雑な問題が「離散対数問題(Discrete Logarithm Problem、DLP)」である。離散対数問題は、ビットコインの秘密鍵で署名を行うときに利用される。

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。
無料体験コースは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験コースを確認する