ブロックチェーン関連の用語集

暗号通貨

セキュリティ対策として暗号理論を用いて取引の安全性の確保や新通貨発行などの統制をする通貨のこと。「Virtual Currency」または「価値記録」とも呼ばれる。
使われている暗号技術には公開鍵暗号、ハッシュ、その双方を用いた電子署名などがある。暗号通貨としてはビットコインが最も有名。
日本円や米ドルなど法律で価値が保証された通貨のことを法定通貨といい、暗号通貨は法定通貨の対義語として使われることが多い。

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。