ブロックチェーン関連の用語集

採掘難易度

仮想通貨のマイニングによりブロックを生成する難易度のことで、difficulty(ディフィカルティー)とも呼ばれる。
仮想通貨のマイニングでは、ハッシュ関数を用いた膨大な計算処理を行い、これによって導き出された答えをハッシュ値と呼ぶ。マイナーは採掘の際、ハッシュ値を小さくする計算をしている。採掘難易度の値が低いほど採掘が難しいことになる。ビットコインなどの採掘難易度は採掘競争激化により上がり続けている。

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。