ブロックチェーン関連の用語集

価値記録

価値を持つ電磁的記録の意味で、ビットコインなど、仮想通貨全体を指す言葉として使われる。通貨でも、物でもない、電子マネーでもない新たな分類に属するものとして定義され、出資法・資金決済法・犯罪収益移転防止法は適用されない。一般的には「仮想通貨」や「暗号通貨」という言葉が使われるため、価値記録と呼ばれることは減っている。
従来「価値記録」は法的な定義があいまいだったが、2017年の改正か資金決済法により「仮想通貨」が正式に通貨として認められた。

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。