ブロックチェーン関連の用語集

プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)

ブロックチェーンにおける合意形成のアルゴリズムには、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)やプルーフ・オブ・ステーク(PoS)があるが、それらで問題視されていた、マイニングに伴う富の偏りを防ぐことに主眼を置いて開発されたアルゴリズムが、プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance、PoI)である。PoIでは「システム内での経済活動の貢献度」が重視され、そのおかげで平等な分散型プラットフォームが実現される。PoIは、NEMにて独自導入された。

FLOCブロックチェーン大学校公式SNSアカウントで、スクールの最新情報やお得な情報をお送りします。