FLOCブロックチェーン大学校

マイページ
無料体験セミナー

ブロックチェーン用語集 GLOSSARY

パブリックチェーン

読み方ぱぶりっくちぇーん

ブロックチェーンには「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」の2種類がある。ブロックチェーンでは、取引の「記録」と「承認」という2つのプロセスがあるが、これを誰が担うかが、パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いになる。
パブリックチェーンでは、取引の承認を担うのは不特定多数のノードやマイナーである。不特定多数による承認作業が取引の正当性の根拠となるため、改ざんが困難である点がメリット。多くの暗号通貨はパブリックチェーン上に構築されている。

 


関連記事

【ブロックチェーン基礎】パブリックチェーンのメリット・デメリットとは?

【基礎】ブロックチェーンの3つの型の特徴について解説

ブロックチェーン専門スクールで即戦力を身につけませんか?

FLOCブロックチェーン大学校は、技術者の育成から、ビジネススクール、検定試験によるアセスメントの構築、人材紹介、起業家育成などを通じ、ブロックチェーンのプラットフォームを構築しているブロックチェーンの総合スクールです。
無料体験セミナーは、ブロックチェーンの仕組みからブロックチェーンで変わる未来、ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法について、100分で学べる体験講座です。遠方で参加できない方や、教室開催の日程で都合が合わない方にはWEB配信も行ってます。

無料体験セミナーを確認する