サイトマップ
ブロックチェーンゲーム開発ゼミ

ブロックチェーンゲーム開発ゼミ

「My Crypto Heroes(マイクリ)」「BRAVE FRONTIER HEROES(ブレヒロ)」
ユーザー数世界1位・2位(※)を独占したブロックチェーンゲーム開発者の最先端スキルを学ぶ
※DappRadar 2020年2月時点

ブロックチェーンゲーム開発ゼミを申込む

このゼミで学べること

マイクリやブレヒロの開発者が授業を担当するので、実際に経験してきた設計から開発までの実践的なノウハウ

Ethereumを用いてマイクリやブレヒロのような大規模ゲームを開発するスキル

自分自身でブロックチェーンゲームをステップバイステップで企画開発することができるようになる

こんな方におすすめします

  • ブロックチェーンを使ったアプリを作ってみたいと検討中の方
  • ソーシャルゲームに行き詰まりを感じているプランナー
  • 日頃、個人的にゲーム開発をしているエンジニア
  • コンシューマゲームの未来を切り開きたいプランナー
  • ゲームのプレイに掛けた時間を資産にしたい方

カリキュラム


マイクリやブレヒロ開発者からブロックチェーンゲーム開発において欠かせない技術・知識を学び、ミニゲームを開発します。サイドチェーン/オフチェーンの設計から、NFT(ノンファンジブルトークン)の発行、ゲーム企画・発表までを全8回で行います。

※このゼミはブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」の人材育成支援の一環です。「MCH+」とは、世界No1ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」のゲームエンジンの提供を含むブロックチェーンゲーム開発支援プログラムの総称。URL : https://www.mch.plus/ 

Vol.1 なぜゲームにブロックチェーンなのか

Vol.2 My Crypto Heroesを使った実体験とMCH+

Vol.3 NFT(ノンファンジブルトークン)とは

Vol.4 NFT(ノンファンジブルトークン)の発行と譲渡

Vol.5 ブロックチェーンゲームの開発手順

Vol.6 ミニゲームの設計と開発①(フロントエンド、Web3、Metadataなど)

Vol.7 ミニゲームの設計と開発②(Gas計算、データ検証など)

Vol.8 ミニゲーム発表会とMCH開発者による講評

前提となる知識

Linuxコマンドに関する知識、JavaScriptの知識、基本的なネットワークに関する知識

持込PCの推奨スペック

CPUIntel Core i3 以上
メモリ4GB以上(ストレージがSSDの場合。HDDの場合はメモリ8GB以上推奨)
ストレージ64GB以上のSSD推奨(空き領域10GB以上。HDD可)
ネットWi-Fi 機能(FLOC 教室内 Wi-Fi に接続する為)
OSWindows 10、Mac OS X
その他管理者権限で外部アプリケーションをインストールできること

講師

上野 広伸

double jump.tokyo株式会社
代表取締役 CEO/CTO

ブロックチェーンゲーム開発ゼミ

株式会社野村総合研究所にて数々の金融システムの基盤構築に参画。
前職の株式会社モブキャストにて執行役員、技術フェローを歴任し、プラットフォーム及びゲームサーバーの設計・開発、スマートフォンゲームの開発基盤の構築を指揮。
2018年4月、ブロックチェーンゲーム専業会社のdouble jump.tokyo株式会社を創業。「My Crypto Heroes」アーキテクト。

満足 亮

double jump.tokyo株式会社
リードエンジニア

ブロックチェーンゲーム開発ゼミ

株式会社モブキャスト(現モブキャストゲームス)、スタディプラス株式会社にてインフラおよびSRE領域を統括。2018年より現職にてブロックチェーン分野のエンジニアリングを担当。

オリジナル教材

FLOCブロックチェーン大学校が作成した完全オリジナルのカリキュラム。
各専門家が監修し、ブロックチェーン技術の基礎から専門スキルまでが学べるカリキュラムとなっています。

ブロックチェーンゲーム開発ゼミを申込む

教室受講

受講料

80,000円(税抜)

受講時間

全8回×90分

支払い方法

銀行振込
請求書払い(法人プランのみ)
クレジットカード
(一括払い・分割払い・リボ払い)
Amazon Pay
教育ローン

開催日時

2020年5月開講 ※日時が決定次第こちらに掲載します

会場

丸の内本校2号館
詳細を見る



コースのご紹介

現在受付を中止しています

メディア掲載MEDIA