サイトマップ
スタッフブログ STAFF BLOG
FLOCブロックチェーン大学校  >  スタッフブログ  >  『Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書』出版記念セミナーを開催しました

『Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書』出版記念セミナーを開催しました



1126日(火)、丸の内vacansにて、FLOC初の書籍『Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書』の出版記念セミナーを開催しました。


会場は満席
学びたい意欲がヒシヒシと伝わってきます。

第一部では、書籍の執筆協力者でありFLOCブロックチェーン大学校で講師も務める赤澤直樹さんと、校長のジョナサン・アンダーウッドさんでトークセッションを行いました。

テーマは「ブロックチェーンで未来を広げるために必要なマインド」とは
・ブロックチェーンに出会ったとき、どう感じたか?
・ブロックチェーンは他のテクノロジーと具体的に何が違うの?
・ブロックチェーンで未来を広げる上での課題とは?
・ブロックチェーンで未来を広げるために必要なマインドとは?

など二人が熱く語りあい、ブロックチェーンを仕事で活かしていくために必要な気付きを得られる時間でした。

第二部は赤澤さんが講師として登壇。
実際のコードも使った特別レクチャーを行いました。

「ハッシュ関数」がどういったものなのか、ブロックチェーンと相性の良い「トレーサビリティ」を例に実際に動かすところを見て学びました。

最後に赤澤さんの実体験の話から、
「ブロックチェーンを使える人だけではなく、エンジニアと共に形にできるブロックチェーンを理解したビジネスパーソンが必要だ」という話には多くの人が頷いていました。

 

実際に非エンジニアでプログラミング未経験の方にもたくさん参加して頂き、そんな参加者からは、

「初めてブロックチェーンが腑に落ちた!」
「ブロックチェーンの課題点が明確に理解できた!」

など、うれしい感想をたくさん頂くことができました。

セミナー後にはサインを求められる赤澤さん(笑)

まだ書籍を手にしていない人はぜひ、Amazonや書店でチェックしてみてください。

また、本書をテキストとしても使用する「ブロックチェーンプログラミング入門」を12月に開講します。

「プログラミング」自体や、「エンジニア」との取り組みに躓いたとの声も伺っており、そのような声に応え、これまでプログラミングに触れる機会がなかった方でも「ブロックチェーン」と「プログラミング」を一気に学べる講座です。

詳しくはこちらで紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。
12/13までは出版記念特別価格で申込みできます!

ねこ

FLOCマーケティング部所属。
面白いことを好む生き物です。

スタッフブログカテゴリー

セミナー採用イベント

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION