サイトマップ
スタッフブログ STAFF BLOG
FLOCブロックチェーン大学校  >  スタッフブログ  >  FLOCスタッフが、話題のLibraをテストネットでトランザクション生成までやってみた

FLOCスタッフが、話題のLibraをテストネットでトランザクション生成までやってみた



FLOCスタッフの赤澤さん。
エンジニアであり、FLOCのスクール講師も務めるマルチな才能の持ち主です。

そんな赤澤さんが今話題のLibraのテストネットで、トランザクションの生成まで試してみた!ということでお話を聞いてみました。

 

編集スタッフ:
まず、そもそもLibraとは?

赤澤さん:
Facebookが「国」に関係なく自由に使えるお金をつくるために開発したブロックチェーンのことです。

 

編集スタッフ:
「テストネット」とは何でしょうか?

赤澤さん:
本番さながらに試すことができる環境のことです。
実際にお金を使って送金する訳ではないので気軽に試すことができるんですよ。

 

編集スタッフ:
「トランザクション生成」とはどういう意味ですか?

赤澤さん:
例えば、「AさんからBさんへ送金を行なった」というデータをつくるということ。
記録を残していくんです。
今回も実際にアカウントを2つ作って、アカウント間で送金を試してみましたよ。

 

編集スタッフ:
試してみるキッカケは何だったんですか?

赤澤さん:
以前から気になっていましたが、ナナラボ(FLOC社内勉強会)でLibraについて学んでさらに興味が湧き、火がつきました。
その後すぐにLibraテストネットを公開しているサイト(https://developers.libra.org/)に沿って試してみました!
とても分かりやすいサイトなので、これがあれば誰でも試してみることができると思います。

 

編集スタッフ:
実際に試してみていかがでしたか?

赤澤さん:
とても簡単でした!
実行環境の構築も含め、1時間弱でできたんです。実際に動かしてみてわかることもたくさんありました。
ビットコインとイーサリアム、ステーブルコインをちゃんと研究して作っていることがひしひしと伝わってきて、現実的でありながら野心的だと感じました。
何より、短期間でこれだけのものをデザインして、言語まで作り、実装まで持ってきたFacebookの技術力に脱帽です。

FLOCスタッフはこんなことも実際に試してみて、知識、経験を増やしています。
皆さんも一度試してみると楽しいかもしれませんね。

 

赤澤さんのトランザクション生成の様子 詳しくはこちら!
https://qiita.com/Akazawa_Naoki/items/f270f1d83f2dad4a2d67

 

 

きっちゃん

FLOC女子のきっちゃんです☆
ブロックチェーン初心者の私が感じる「ワクワク」、心をこめてお届けします!

スタッフブログカテゴリー

セミナー採用イベント

アドバイザリーボードADVISORY BOARD

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授/慶應義塾大学名誉教授

一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発 銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学 客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。博士(経済学)。

岩倉正和

一橋大学大学院法学研究科(ビジネスロー専攻)教授

東京大学法学部卒業後、93年ハーバード・ロースクール卒業(LL.M.)、94年NY州弁護士資格取得。2007年及び2013年にハーバード・ロースクール客員教授に就任。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て、2018年より現職。M&A法、金融規制法、知的財産法、IT法、フィンテック法を含むビジネス法が専門。

メディア掲載MEDIA

加盟協会ASSOCIATION